集まっている金額 11,000(目標 100,000円)
11%
達成率 11
支援者数 2
残り 終了しました
注目のプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年12月28日、合計11,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

福島の給食から地産地消を応援!

 

全国学校給食甲子園2018年のファイナリスト「いわき市立勿来学校給食共同調理場」(福島県いわき市)を応援し、福島の食産物の地産地消を応援するプロジェクトです!

「いわき市立勿来学校給食共同調理場」(福島県いわき市)の給食を作っている栄養士さんや調理師さんはもちろん、活用されている食材を作る生産者さんをインタビューし、冊子にまとめ、給食から地産地消を推進する取り組みを行います!

 

 

全国学校給食甲子園とは?

全国の学校給食では、地域でとれるさまざまな地場産物を食材として利用した献立が出されています。学校給食は、食の文化、子どもの健康を守り育てる食育の現場であり、食の地域ブランドにも密接に関わっています。

本大会は全国の学校給食で提供されている献立を競う大会を通じ、食育を啓発しながら地産地消の奨励を目的としています。同時にこの活動を通じて地域の活性化につながることに貢献したいと考えています。

 

 

また本大会が食育推進に役立つとともに、給食に携わる栄養教諭、学校栄養職員、調理員の励みになり、子供たちや学校の教職員全体に生きがいや活力を与える大会にしたいと考えています。

成長過程にある児童生徒の健全な食生活と健康を考えながら、本大会を通じて多くの方々に学校給食の重要な役割を知っていただく機会にしたいと思います。

全国学校給食甲子園HP:http://www.kyusyoku-kosien.net/

 

 

福島県の給食の取り組みを取材して冊子にします!

 

 

 

 

福島県いわき市の給食のおすすめポイント!

福島県いわき市は、海に隣接しているため、海産物が豊富にとれる地域です。また、とても温暖な気候で日照時間が日本一長いとされ、トマト、梨などが特産品として栽培されています。

いわき市には、7つの共同調理場、1つの単独調理場があり、計約30,000食の学校給食を提供しています。共同調理場の規模が大きいため、献立は小中別の2本献立を採用しており、作業の関係上献立作成に制約がかかることも多いです。

 

 

しかし、いわき市農林水産部農業振興課と連携し、昔野菜をはじめ、できる限り地場産物の活用を推進しています。特に、当共同調理場は、平成28年に新設・稼働を始めた施設であり、市内唯一の和え物やサラダが提供できる施設として「アグリン☆ファイブ」という市内の農産物PRマスコットキャラクターを学校給食用食器に採用するなど、市内農産物のPRを学校給食からも積極的に行っています。

さらに市内では、地元の高校生が加工した食品を使ったコラボ給食、和食・洋食・中華のシェフとのコラボ給食、地域の大規模スーパーと連携をとり、総合的に食育推進を進めています。

このように、大規模センターでは、食育を推進するにあたり、昔からのやり方を残すだけでなく、新しい角度からの食育推進、多機関との連携が大きなキーワードとなっているのです。

 

いわき市立勿来学校給食共同調理場の給食!

 

「今と昔を同時に味わえる新しい給食がテーマ~伝統食の良さを継承しつつ、現代の要素も取り入れた、子どもたちに受け入れられる給食を目指す~」

献立の目標;アグリン☆ファイブのキャラクターに使われている地場産物(米、ねぎ、梨、トマト)を使用し、現在の市内の農産物を楽しく理解すると同時に、いわき市の由緒ある神社の伝統行事についての理解を深め、神様への供え物としての昔からある作物や料理を知る。

主食「麦ごはん」・・・昔は、精製しない穀物を食べることが多かった。しかし、現代は精白されたものがほとんどである。今回は大麦を混入し、精白米よりも食物繊維やビタミン群の摂取が可能になることで、雑穀の良さを振り返る機会とした。精白米は、いわき市産の米を使用している。

主菜「県産シマガツオのから揚げ~ネギぴょんソースがけ~」・・・市内で水揚げされたシマガツオに、市産の長ねぎと梨をソースに使った、昔からの食材を現代風にアレンジした一品。

副菜「ひじきとエリンギのえごまマヨネーズあえ」・・・昔から食べ継がれているひじき(海藻)を使い、海を感じられる和え物にした。煮物の印象が強いひじきだが、市産のエリンギをふんだんに使用しカラフルな食材やマヨネーズで味付けすることで、新しい食べ方を提案した。

汁物「流鏑馬汁」・・・祭では、“流鏑馬”のほか“生姜巻き”、“八十八膳”と呼ばれる神様への食事が供えられる。このことから、八十八膳にある食材と生姜を組み合わせた例大祭を表現する汁物とした。さらに、手作りで白玉で団子を作ることにより、調理員らも行事と食のかかわりについて知り、感謝できるようにした。こちらは、昔ながらのシンプルな味付けを心掛けた。

 その他「トマにゃんのミニトマト」・・・ネーミングにも配慮し、市内の農産物への理解を深められるようにした。

 

 

(1)地域の行事に根付く食文化について知る

いわき市平にある飯野八幡宮では、毎年9月15日直前の土・日曜日に例大祭が行われる。このお祭りでは、疾走する馬上から矢を放つ「流鏑馬」や「神輿渡御」と一緒に「八十八膳献巽」という神事が行われる。「八十八膳」とは、神様のための特別な食事であり、食べ物を与えてくださった神様に感謝し、これをもっておもてなしをするためにある。一夜酒、繭形の餅、青さや豆、里芋のお汁、山芋、かじめ(海藻)、大根、みょうが、河骨、にがいも、ごぼう、ずいき、わらび、栗、柿、くるみ、柚子のお菓子、高盛のおふかしが、漆塗りの椀、高杯などの祭器に盛り付けられる。また、このお祭り生姜を撒く催しがあり、別名「生姜祭り」とも呼ばれているため、無病息災を祈り、生姜も大切な食材として残っている。

一方、現在は、市内の特産物として、トマトや梨、長ネギなど一点集中した栽培方法がとられていることが多いことを知る。

 

 

(2)食文化を引き継ぎ、新しく取り入れる方法を知る

昔から、食べ物は、神様に捧げる大切なものとして扱われてきた。今の食事と比較すると、お供えされているものは、その時期にとれた旬の食材が多く、あまり加工されず、シンプルな調理、味付けのものが多いことがわかる。こういった昔ながらの食文化に触れることで、現代の食文化との違いを感じる。一方、「流鏑馬汁」は、八十八膳に使われている食材や生姜を取り入れた給食センター考案の汁ものである。

また、他の料理に関しても、地元にある食材をおいしく食べられるように考案して作られていることを知る。

 

<今後の展望>

食育から生きる力を~人間力をはぐくむ~

神様へのお供え物として食材を盛りつける、見えないものへの敬意を表するという、昔から日本人が行ってきた心を大切にしていきたい。

地元にある行事とそれに密接する食を通して郷土愛を育み、食べ物へ対する感謝の心を育んでいきたい。

 

今あるもの、今まであったものから、工夫次第でいろいろなものに変化できるという経験を、献立作成から感じてもらえるようにしていきたい。

今あるものがすべてではなく、これから生まれるものに思いをはせることで、新しい発見や発想が生まれる。生きる力をはぐくむ食につながるのではないかと考える。

 

 

 

実行委員長の応援コメント

 

学校教育は心身ともに健康な国民の育成を願って日々展開されています。すこやかな子どもたちの成長のためには、「知育」「徳育」「体育」とともに「食育」が大切だと言われています。

全国学校給食甲子園は、この食育の重要な役割を担う学校給食の充実を図り、そして多くの方々に学校給食への理解を深めていただきたいとの思いから始められました。

 

 

本大会は、毎年、2000校を超える応募校(センターを含む)の中から、数次にわたる予選を経て選ばれた6ブロックの代表12校が、女子栄養大学駒込キャンパスで実際に調理を行い、優勝を競います。

私たちは、本大会が、献立内容の工夫や地場産物の活かし方、調理技術や衛生管理の改善向上につながり、栄養教諭(又は学校栄養職員)と調理員のチームワークや士気の向上そして、より美味しい学校給食の実現にいささかでも貢献できればと願っております。

皆様には今年第13回を迎えた全国学校給食甲子園-地場産物を活かした我が校の自慢料理-への一層のご理解、ご支援をお願い致します。

 

 

支援金の使いみち

 

 

実行スケジュール

【クラウドファンディング実行期間】

11月30日〜12月28日 23:59:59

【大会】

2018年12月8日(土)〜9日(日)

12月8日(土)応募献立食育授業コンテストおよびレセプション

12月9日(日)午前・開会式、調理、午後・審査および成績発表と表彰式、閉会式

お問い合わせ先

【団体名】全国学校給食甲子園

【事務局】特定非営利活動法人21世紀構想研究会分室

【代表者】銭谷眞美(東京国立博物館館長)

【事務局】馬場錬成(特定非営利活動法人21世紀構想研究会理事長)・峯島朋子(特定非営利活動法人21世紀構想研究会理事・事務局長)

【HP】http://www.kyusyoku-kosien.net/

【住所】〒1036-0031 東京都港区西麻布1-2-23-301【TEL】03-6447-5901

【FAX】03-6447-5902【E-mail】info@kyusyoku-kosien.net

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

全国学校給食甲子園実行委員会クラウドファンディングチーム
 
地場産物を活かした我が校の自慢の料理。
第13回「全国学校給食甲子園®︎」Kyushoku Koshien is the School Lunch of The Year (SLTY) in Japan.
【決勝大会】2018年12月8~9日

支援コース

1,000円(税込)

  •  \福島の学校給食物語(仮称)を気軽に応援コース!/
  •  ①お礼のメッセージ
お返し品説明
①お礼のメッセージ
→お礼のメッセージをお送りいたします。
配送について
①お礼のメッセージ
→メールアドレスを正しくご記入ください。
※リターン品に感してプロジェクトの進行具合によって時期は前後する可能性がございます。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2019年1月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  \福島の学校給食物語(仮称)を気軽に応援コース!/
  •  ①お礼のメッセージ
  •  ②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
  •  ③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
お返し品説明
①お礼のメッセージ
→お礼のメッセージをお送りいたします。
②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」をお送りいたします。
③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載させていただきます。もし掲載を希望しない場合はお申し付けください。
配送について
①お礼のメッセージ
→メールアドレスを正しくご記入ください。
②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
→郵便でお送りする予定です。ご住所を正しくご記入ください。
③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→WEBページに掲載する予定です。
※リターン品に感してプロジェクトの進行具合によって時期は前後する可能性がございます。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  \福島の学校給食物語(仮称)を気軽に応援コース!/
  •  ①お礼のメッセージ
  •  ②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
  •  ③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
  •  ④【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」にお名前を掲載
お返し品説明
①お礼のメッセージ
→お礼のメッセージをお送りいたします。
②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」をお送りいたします。
③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載させていただきます。もし掲載を希望しない場合はお申し付けください。
④【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」にお名前を掲載
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」にお名前を掲載させていただきます。もし掲載を希望しない場合はお申し付けください。
配送について
①お礼のメッセージ
→メールアドレスを正しくご記入ください。
②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
→郵便でお送りする予定です。ご住所を正しくご記入ください。
③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→WEBページに掲載する予定です。
④【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」に掲載する予定です。
※リターン品に感してプロジェクトの進行具合によって時期は前後する可能性がございます。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  \福島の学校給食物語(仮称)を気軽に応援コース!/
  •  ①お礼のメッセージ
  •  ②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
  •  ③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
  •  ④【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」にお名前を掲載
  •  ⑤【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」のスポンサー枠
お返し品説明
①お礼のメッセージ
→お礼のメッセージをお送りいたします。
②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」をお送りいたします。
③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載させていただきます。もし掲載を希望しない場合はお申し付けください。
④【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」にお名前を掲載
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」にお名前を掲載させていただきます。もし掲載を希望しない場合はお申し付けください。
⑤【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」のスポンサー枠
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」のスポンサー枠を提供させていただきます。もし掲載を希望しない場合はお申し付けください。
配送について
①お礼のメッセージ
→メールアドレスを正しくご記入ください。
②【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」
→郵便でお送りする予定です。ご住所を正しくご記入ください。
③【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→WEBページに掲載する予定です。
④【限定】全国学校給食甲子園WEBサイトにお名前を掲載
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」に掲載する予定です。
⑤【限定】福島県版特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」のスポンサー枠
→福島県版の特別編集冊子「福島の学校給食物語(仮称)」に掲載する予定です。
※リターン品に感してプロジェクトの進行具合によって時期は前後する可能性がございます。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました