集まっている金額 416,000(目標 300,000円)
達成率 138
支援者数 83
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

皆さんこんばんは、糸島「まち×エネ」プロジェクトの代表の福井です。

皆様のご支援・ご協力のおかげで、11月21日の正午に無事にプロジェクトの目標額を達成する事ができました。開始30日、残り9日での達成となりました。ご支援、本当にありがとうございます。引き続き冊子の制作に励んでいきたいと思っております。

また、今回、私たちの取り組みに関して「いいね」や「シェア」をして下さった皆様のおかげで多くの方に注目していただき、私たちの取り組みを知って頂けるきっかけになりました。本当にありがとうございます

11月30日まで引き続き支援を募集します。

新たな目標40万円に到達したら、ページ数A5・36ページで印刷を考えてところを、16ページ増やし、A5・52ページで印刷することができ、紙の質も向上することができ、二丈中学校の生徒たちに働く大人の歩みをより充実させて伝えることが出来ます。

現在、冊子の印刷費用ですが、紙質やページ数などは最低限のクオリティーに設定しています。

30万円で冊子を制作できますが、更にご支援して頂く分で、例えば表紙を保存がきくハードカバーにしたり、紙の質を良くするなどして、生徒たちには授業等の教材で持ち運んでもらったり、大人になった時にも『二丈FUTURE』を読み返して貰えるにしていきます。また、ページ数を充実させることで、地元で働く大人のカッコよさをもっと伝える事が出来ます。

私たちの取り組みに対して共感して支援しようと思っていたけどまだの方、またこのページを初めて見て応援しようと思った方に是非、ご支援をお願いしたいです。

現在、冊子のイメージですが、打ち合わせを重ねる中でより明確になってきました。冊子『二丈FUTURE』では身近な地元の大人たちに人生の歩みを聞いてみようをテーマに、生徒たちには「記者デビュー!」をしてもらいたいと思っています。そのことを通じて、二丈中学校の生徒たちに「自分は将来、どこで何をしているのか」考えて貰えるように、冊子を作っていきたいと思います。

現在、以下のような構成で冊子の案を考えております。

・表紙(1ページ)

・生まれてから大人になるまでの見取り図(1~2ページ)

・働く大人の二丈マップ (1~2ページ)※今回、取材した場所の紹介

・目次、コンセプトの説明(1ページ)

・特集「地元で働く6人の大人たちの歩み」(6人×6ページ)

 1.経歴

 2.仕事のやりがい

 3.地元の働く大人に聞く Q&A

 4.もっと教えてお仕事のコト(仕事の紹介)

 5.僕の・私の「FUTURE」(これからの目標)

 6.職場の紹介

・まち×エネからの生徒たちへのメッセージ※今日から記者デビューしよう!!(2ページ)

・記者の心得※取材の仕方やマナーなどを紹介(2ページ)

・まち×エネ専属カメラマン中本彩香が教える「写真術」※写真の撮り方やマナーの紹介(1ページ)

・取材のためのワークシート(1ページ)

・記者紹介(1ページ)

・編集後記(1ページ)

・支援者の紹介(1ページ)

・裏表紙(1ページ)

A5 計52ページ(予定)

冊子を読んだ後に、生徒たちには友人や親、地域の人など身近な人たちに自分の将来や夢について話してみたいと思えるような内容していきます。ただ冊子を読んで終わりではなく、読んだ後に会話や取材を行うなど具体的なアクションが出てくるような冊子にしていきます。

この冊子を使って来年度の職場体験等で授業に役立てるべく、先生方と連携して冊子制作を進めております。

また、私たちが取材した方の職場に来年度、職場体験で地元の生徒たちが体験しに行けないか先生方からの要望も出てきており、この冊子制作を通して学校と地域の距離が縮まってきています。

引き続き、頑張ります!!

ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

自己紹介

FAAVOをご覧のみなさま、はじめまして!糸島「まち×エネ」プロジェクト代表で、九州大学大学院生の福井崇郎と申します。糸島という地に住み込んで、もうすぐ3年目になります。

糸島「まち×エネ」プロジェクトは、“子どもたちに自分の未来、そして地元の未来について考えてほしい”という想いのもと、福岡の学生有志が集まって立ち上がりました。

「まち×エネ」では、糸島市立二丈中学校にて、今年度計4回、対話を大切にした授業を行ってきました。

「地元でのエネルギーの可能性について考えるグループワーク」

「地元の魅力をみんなで散策するフィールドワーク」

「大人って何だろう?をテーマに語り合うワールドカフェ」

「10年後の未来について、地域の人々や大学生と一緒に考えるワールドカフェ」

今回「まち×エネ」が制作するのは、地元で働く大人たちの歩んできた道のりを、地元の子どもたちに伝えていく冊子です。

この冊子が、子どもたちにとって自分の人生を考えるきっかけになると考えています。

地元で働く大人たちの歩んできた道のりを子どもたちに伝えたい!

いろいろな大人の歩んできた道のりを知り、その想いや葛藤、覚悟を感じることは、自分の人生を考える上で大きな道標(みちしるべ)になる!わたしたちはそう考えています。

そして、自分はどのような働き方をするのか、それを考え始めるタイミングはできるだけ早い方がいいはずです。

これまでに、二丈の一貴山・深江地域で働く大人たちひとりひとりに、「まち×エネ」の学生記者が、丁寧に取材を行ってきました。取材の様子はインタビュー形式の記事としてホームページに掲載されています。

ホームページはこちら

記事はネット上で公開をしていますが、自宅でネットを使えない中学生もたくさんいます。また、文章の内容や文章量などが子どもたちにとってのハードルになっているところもあります。

冊子『二丈FUTURE』では、その記事の文章量を減らし、表現を書き換え、写真やデザインも工夫して、子どもたちに読みやすいようにまとめ直していきます。

ネット上の平面的な情報ではなく、手にとって読むことのできる、あたたかみのある冊子を制作していく予定です。

制作した冊子は、中学生全員に手に取って読んでもらえるようにわたしたちが直接届けていきたいと思います。

冊子『二丈FUTURE~二丈で働く大人たちの歩み~』の詳細

【冊子の内容】

・ もくじ

・ 取材記事「地元で働く大人たちの歩み」

・ まち×エネ学生記者の紹介

・ 特別コラム:(仮)二丈のいいとこ自慢、取材の方法を紹介するコーナー、一言コーナー「あなたの夢は何ですか」

【取材先】

・ 城慶典さん(ミツル醤油醸造元

・ 安徳祐美さん(一貴山保育園)

・ 坂本美紀子さん(糸島市立二丈中学校校長

・ 内野一郎さん(ウッチーノ食堂

・ 松崎治久さん(百笑屋

・ 行弘正誠さん(行弘畳ふすま店)

子どもたちが自分の人生を考えるきっかけをつくりたい!

まち×エネでは、9月に二丈中学校で行った授業で、中学生・地域の人々と一緒に「10年後の未来」を考えるグループワークを行いました。

中学生にとって将来を考える機会は今までなかったようで、「10年後の未来」と言われてもすぐにはイメージしにくい様子でした。

それでも、地域の大人や学生たちと少しずつ対話をしながら未来を考えていくプロセスは、生徒たちにとっても新鮮で楽しいものだったようで、とても意義のある時間だったのではないかと思っています。

授業のなかで、生徒たちからはたくさんの夢が出てきました。

・ 「結婚して子どもとつくって、保育士になりたい」

・ 「星について勉強して、プラネタリウムを作る!」

・ 「大学を卒業してヨーロッパへ留学して、料理を学んでみたい」

すでに夢を持っている生徒もいましたが、授業のなかで行ったアンケートで寄せられた声を聞くと、そのイメージがまだ漠然としている生徒もいました。

・ 「もっといろいろな選択肢を知りたい」

・ 「今後の目標をつくりたい」

・ 「将来の夢がはっきりしていない」

だからこそ、地元の先輩たちがどのような決断をして、どうしてその仕事を選んだのか、その人生の歩みを知ることは、子どもたちにとって自分の人生を考える上で大きな道標(みちしるべ)になるはずです。

一貴山・深江の未来を担う子どもたちに届けたいもの

・地元が好きすぎて、地元で大好きな仕事をできる場所を見つけた人。

・夢のために地元を出て修行を積み、その後地元に帰って夢を叶えた人。

・親から受け継いだ家業を大事に守りながら、常に新しいことに挑戦している人。

一貴山・深江には、地元で働く“カッコいい”大人たちがたくさんいます。

二丈中学校を卒業した生徒の多くは、進学や就職によってやがては地元を離れてしまいます。

そのまえに、自分の地元でもこんなに生き生きと働く大人たちがいることを知ってもらいたい。

地元の大人たちのカッコ良さを感じてもらいたい。

冊子『二丈FUTURE』で紹介するのは「地元で働く」という選択をした大人たちです。

面白い働き方は、何も都会だけにあるものじゃない。

これからの未来を担う子ども達が“地元で働く”という選択肢を知ることは、ここ一貴山・深江地域の未来のためにもなると信じています。

冊子『二丈FUTURE~二丈で働く大人たちの歩み~』ができるまで

・ ホームページでの記事の掲載 : 10月〜11月

・ 冊子制作          : 11月〜12月中旬

・ 初稿完成          : 12月下旬

・ 印刷(1000部)       : 1月上旬

・ 中学校への配布       : 2月下旬

集まった支援の用途とその内訳

・印刷費(A5, 36ページ, 1000部) : 130,000円

・リターンやその郵送にかかる諸経費 : 30,000円

・取材にかかった諸経費       : 50,000円

・冊子のデザインにかかる諸経費   : 30,000円

・FAAVO手数料 : 60,000円

さいごに

二丈中学校での授業を通して、わたしたちは一貴山・深江に暮らす子どもたちの純粋な好奇心や素直さ、優しさを肌で感じることができました。

また、働く大人への取材を通して、この地域に根をはって働く大人たちがどのような道のりを歩んできたのか、今に至までの葛藤や覚悟を感じることができました。

子どもたちにそういった大人たちの想いを伝え、自分の歩む人生を考えるきっかけを提供していく。

そんな冊子をつくることを目標に、メンバー一同全力で努めていきます。皆様、どうぞ応援よろしくお願いします!!

※インターネットを使ったクレジット払いができない方には、個別にお会いして直接現金でのご支援も受け付けております。現金にてご支援くださる方は、下記の代表連絡先までお気軽にご連絡ください。

【連絡先】

電話番号:080-6417-2157(代表:福井)

メールドアレス:ito.machiene@gmail.com

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

Fukkui
糸島に住み込んで3年目、糸島を第二の故郷に前原の「まちの縁側〜糸家〜」にて地域の人たちが気軽に集まれる場を作っています。
また、糸島「まち×エネ」プロジェクトの代表で、現在、FAAVO福岡にてクラウドファンディングに挑戦中です!!
→https://faavo.jp/fukuoka/project/380
郷土の文化や歴史に興味があります。最近は、日本語の由来とか、日本人の音の捉え方に興味があります。
無理はせず、やれることから楽しみながらやってみる!!がモットーです。

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
①まち×エネからの感謝を込めた御礼の手紙
②まち×エネ特製ポストカード
③行弘畳ふすま店の畳でつくったコースター×1枚
④お名前をホームページに掲載
  •  7人が支援しているコースです
終了しました

3,000円(税込)

お返し品説明
①まち×エネからの感謝を込めた御礼の手紙
②まち×エネ特製ポストカード
③行弘畳ふすま店の畳でつくったコースター×3枚
④お名前をホームページに掲載
⑤制作した冊子『二丈FUTURE』
  •  33人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
①まち×エネからの感謝を込めた御礼の手紙
②まち×エネ特製ポストカード
③行弘畳ふすま店の畳でつくったコースター×5枚
④お名前をホームページに掲載&冊子に掲載
⑤制作した冊子『二丈FUTURE』
⑥ミツル醤油醸造元の自社仕込み醤油「生成り(100mL)」
  •  26人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
①まち×エネからの感謝を込めた御礼の手紙
②まち×エネ特製ポストカード
③行弘畳ふすま店の畳でつくったコースター×5枚
④お名前をホームページに掲載&冊子に掲載
⑤制作した冊子『二丈FUTURE』
⑥百笑屋の「お子様専用米 米旋風(240g)」
  •  2人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
①まち×エネからの感謝を込めた御礼の手紙
②まち×エネ特製ポストカード×3枚
③行弘畳ふすま店の畳でつくったコースター×5枚
④行弘畳ふすま店の畳でつくったランチョンマット
⑤お名前をホームページに掲載&冊子に掲載
⑥制作した冊子『二丈FUTURE』
⑦ミツル醤油醸造元の自社仕込み醤油「生成り(100mL)」
⑧百笑屋の「お子様専用米 米旋風(240g)」
  •  14人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
①まち×エネからの感謝を込めた御礼の手紙
②まち×エネ特製ポストカード全種類
③行弘畳ふすま店の畳でつくったコースター×5枚
④行弘畳ふすま店の畳でつくったランチョンマット
⑤お名前をホームページに掲載&冊子に掲載
⑥制作した冊子『二丈FUTURE』
⑦ミツル醤油醸造元ギフトセット「生成り(100mL)×2本+あまざけ(180g)×2本」
⑧百笑屋の『米旋風 白米(2kg)+赤米(2kg)』
  •  1人が支援しているコースです
終了しました