集まっている金額 315,000(目標 300,000円)
105%
達成率 105
支援者数 59
残り 計算中
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

FAAVOをご覧のみなさま、こんにちは!

 Paritè wave from FUKUOKA 編集長の山川みゆきと申します。

2019年は、4月に統一地方選挙、7月に参議院議員選挙という、大きな選挙が2回行われる年です。2018年5月に「政治分野における男女共同参画推進に関する法律」が成立したことで、4月の統一地方選挙では、女性立候補者が増えるなどの機運が高まると予想されます。

そこで、女性議員を増やす重要性を多くの人たちに知って欲しいと思い、フリーペーパーを作りたいと考えました。

「福岡・女性議員を増やす会」は…

2018年4月に、労働や育児など、女性に関する様々な社会問題の解決に携わってきた女性たちで設立されました。

会が主催する「女性のための政治スクール」は、6月から毎月1回、計5回開催されました。参加したスクール生たちもまた、同じような社会的な悩みを抱え、政治に興味を持ち始め、学びたいと集まりました。

私たちは、これらの問題に関わる中で、女性が生きやすく働きやすい環境が、まだまだ不十分であり、根強く横たわる女性の問題を解決するには、私たちの大切な社会基盤を決定する「議会」という場所に、女性の議員を増やすことが不可欠だと考えました。

▲2018年6月の設立記念公開講演には、会場からあふれるほどの大勢が集まりました

 

▲7月から、いよいよ本格的な授業が始まりました

 

▲私も、無事に修了証を受け取りました(右は、福岡・女性議員を増やす会代表の富永桂子さん)

 

すでに、いろいろなところで言われていることなのですが、日本の女性議員の数は、193ヶ国中、158位です。

日本はかつて80位くらいだったのですが、ここ10年ほどで、多くの国でクオータ制やパリテ法と呼ばれる、女性議員を増やす施策が行われ、追い抜かれてしまいました。

 

現在、日本の女性議員の数は、

衆議院議員→47人(10.1%)

参議院議員→50人(20.7%)

 

福岡県内をみると、

福岡県議会議員→9人(10.5%)

福岡市議会議員→6人(9.7%)

北九州市議会議員→11人(19.2%)

となっています。

 

▲「内閣府男女共同参画局『男女共同参画白書』平成23年版を基に作成

 

この世界的な流れの中で、日本でも、2018年5月に「政治分野の男女共同参画推進法」が成立しましたが、「政党の努力義務」という形のみにとどまり、本格的に数を増やすには、まだまだ不十分だと言えるでしょう。

なぜ、女性議員を増やした方が良いの?

女性議員が少ないと言われる日本でも、女性議員の強い危機感と奮闘により、2001年にDV防止法が成立しました。

今では当たり前になっている、「育児・介護休業法」(1995年成立)や、「ストーカー規制法」(2000年成立)も同様の過程で成立をしています。

また、外国の調査では、女性議員が増えたことで、軍事関係予算の減少と育児・保育関連の予算の増加が起こった国もあります。

女性議員の方が、より多く立案をし、国会出席率も高いという調査結果もあるので、議会の質向上にもなり、「議会が議会らしく」機能することに一歩近づきます。

増やした方が良いのは分かっているけど、なり手がいない!

男性よりも家庭での役割が多い女性は、家庭のことを優先しがちで、立候補するには家族の賛同を得にくく、また有権者も、政治は「男性の世界」と考えている人が多いので、厳しい目を向けられがちです。

それ故に、政党は、すでにリーダーとして活躍している女性を候補者として選ぶことが多いです。

しかし、私が出会った、女性地方議員の方々は、特別な人たちではなく、日々の生活の中で悩んでいたことを解決したいと思う、ごく普通の人たちでした。

創刊へのおもい

Paritè wave(パリテ・ウェーブ)とは…

「パリテ」とは、「同等、同一」を意味するフランス語。フランスで導入されている、議員立候補者数を男女同数にする法律「パリテ法」から、「議員の男女同数を目指す波を福岡から起こす」という願いを込め、名付けました。

この冊子では、データや諸外国の事例、識者や現職の議員のインタビューはもちろん、私たちが直面している社会問題と政治の関係など、幅広く紹介します。

そして、私たちが抱える社会の問題を政治に参加をすることで、解決することができることを知り、政治に興味を持ってもらうようなきっかけ作りを目指します。

 

女性の社会的立場をより向上させるため、そして、日本を持続可能な社会にするためには、国でも地方でも女性議員を増やすことが重要です。

そのために、まず地元福岡から「変化」を起こしたいと思ってもらえるようなキッカケ作りを目指したい。

この冊子が、新たな価値創造の一助になればと願います。

みなさまからのご支援を、どうぞよろしくお願いします。

 

みなさまからの支援金の使いみち

●フリーペーパー詳細

【タイトル:Paritè wave from FUKUOKA】

【コンテンツ案】

・「政治分野における男女共同参画推進に関する法律」図解と解説

・外国の事例-2018年女性議員数アジアNo.1の台湾の事例

・「ナゼ女性議員は増えた方が良いの?」~女性議員だから成立した法案と実例

・私の動機

・ママと政治

 ▲ただいま一生懸命制作中です

●講演会内容

タイトル 「女性議員が増えた台湾、こんなに変わった‼」(仮)

趣旨 クオータ制を導入した台湾では、女性議員比率がアジア1位となりました。現在、国会で38%、台北市で34%です。 

台湾の台北市議会の女性議員3人を福岡に招き、女性議員が増えて何がどう変わったのか、お話しを伺います。

 その大きな変化を学び、私たちのまわりに「女性議員を増やす」ための原動力にしたいと思います。

 

日時 2019年2月17日 (日) 13時30分開会

場所 福岡県教育会館 (福岡市東区馬出4-12)

定員 150名

※託児あります

 

● 支援金の使いみち

 1000冊発行

・印刷代(100,000円)

・講演料(50,000円)

・HP作成費(50,000円)

・デザイン料・取材費など(100,000円)

 

● 実行スケジュール

2018年10月中旬 クラウドファンディング開始

2019年1月下旬 HP開設

2019年2月上旬 ペーパーを配布、講演会

 

 

● お問い合わせ先

 

Parite wave from FUKUOKA 編集部

E-mail:parite.wave.from.fukuoka@gmail.com

女性議員を増やす会Facebook

https://www.facebook.com/quotafukuoka/

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

Paritè wave from FUKUOKA
 
山川 みゆき
福岡市博多区生まれ。
パート勤めの主婦。非正規雇用労働者として働く経験から、社会問題に興味を持ち始め、「福岡・女性議員を増やす会」が主催する「女性のための政治スクール」に参加し、本プロジェクト・チームを立ち上げる。

「福岡・女性議員を増やす会」プロジェクト・チーム
福岡を拠点に、様々な女性の問題に関わってきた人たちで設立された「福岡・女性議員を増やす会」が主催する「女性のための政治スクール」で学んだスクール生が、女性議員を増やすことの重要性を多くの人たちに知って欲しいと集まったプロジェクト・チーム。元新聞記者、非正規雇用労働者、子育て世代の母親、海外出身者など、多様なメンバーで構成されている。

支援コース

500円(税込)

  •  お礼のお手紙
  •  Paritè wave from FUKUOKA冊子
  •  2/17開催の講演会参加券
お返し品説明
たくさんの方々に読んでいただきたくて、支援をしやすい金額にしました。
よろしくお願い致します。
  •  23人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定

3,000円(税込)

  •  お礼のお手紙
  •  Paritè wave from FUKUOKA冊子
  •  2/17開催の講演会参加券
  •  博多織オリジナルコースター2枚
お返し品説明
今年、777周年を迎えた、福岡を代表する伝統的工芸品、博多織。福岡市城南区にあるブランド「絲の絲」作成の、Paritè wave from FUKUOKAオリジナルデザインの博多織コースーターを2枚お送りします。
大きさは、10cm×10cm。博多織の部分は、絹100%、その他の部分は、綿100%です。
(※色は選べません)
  •  14人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定

5,000円(税込)

残り14 個(限定30個)

  •  お礼のお手紙
  •  Paritè wave from FUKUOKA冊子
  •  2/17開催の講演会参加券
  •  客家花布 トートバッグ
お返し品説明
プロジェクトチームメンバーの台湾出身、王さんオススメの台北の伝統的な布、客家花布を使ったトートバッグです。
縦30cm×横30cm、マチ10cm、A4が入ります。
(※5色展開ですが、色は選べません)
  •  16人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定

20,000円(税込)

残り4 個(限定10個)

  •  広告掲載
お返し品説明
フリーペーパーの5~9ページに、8.5×5cm角の広告スペースを掲載します。
広告掲載につきまては、クラウドファンディング公開終了後、12月初旬に、Paritè wave from FUKUOKA編集部からご連絡を差し上げ、詳細のご説明と締切についてお話しをさせて頂きます。また、広告掲載の箇所(ページ)についても、リクエスト承ります。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定