集まっている金額 203,000(目標 200,000円)
101%
達成率 101
支援者数 16
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2015年11月27日、合計203,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

今なぜ「えひめへ移住」なのか?

FAAVO愛媛をご覧のみなさまこんにちは、株式会社AMSの小出です。 

    ▲起案者 小出貴司(株式会社AMS、AED所属)

私たちは、昨年10月に愛媛のデジタルクリエイターの団体「AED(All Ehime Diditalcreators)」を仲間と一緒に立ち上げました。「AED」では勉強会や交流会を通じて、愛媛でのデジタルクリエイターの仕事や生活に役立つ活動を行うことで、地域の経済や文化の向上に貢献したいとの思いで活動を行っています。

この一年間のAEDの活動を通じて、たくさんのクリエイターとの交流が生まれる中、東京などの都市部で活躍したのち、その仕事を持ったまま愛媛に移住して活動している人が多数いることを知りました。

それは、場所を選ばず仕事ができるデジタルクリエイターならではの「住む場所にとらわれない」ライフスタイルを実践している人たちだったのです。

▲AEDの活動 ▶ AED ホームページAED Facebookページ

昨年の内閣官房「東京在住者の今後の移住に関する意向調査」(平成26年8月、東京都在住者へのインターネット調査)によると、東京都から移住する予定、または、移住を検討したいと思っている人の割合は、約4割で男女ともに10・20代で5割弱の移住希望があったそうです。

そこで、われわれは地域の問題である人口減少や経済の縮小を、デジタルクリエイターから移住者の促進によることで問題解決の取り組みができないかと考え、今回のイベント開催を決め、このイベント開催資するための資金の一部をFAAVOで募集することにしました。

生き方・働き方は変えられる!

今回、わたしたちは、まずえひめの移住に関する情報を集めること、実際に移住してきた人に話を聞き、受け入れたたい地域のさまざまな活動や施策を紹介するイベントを行って、移住したい人と移住者を受け入れたい人、そして移住するためのさまざまな課題を明らかにし、解決していきたいと思います。

イベントは、2セッション構成です。 「セッション1」では移住で新しい生き方を自ら実践している「イケダハヤト(プロブロガー)」氏と、デジタルクリエイターの育成で地域を活性化する「平尾貴志(デジタル)」氏にご講演いただきます。

「セッション2」では、AED代表の井上和俊のモデレートにより、移住に関するキーマンを迎えパネルディスカッションを行います。

■セッション1■ 講演会

【講演①】 イケダ ハヤト氏 (プロブロガー)

    

▲ イケダ ハヤト氏 【テーマ】『東京を捨てて高知の限界集落に移住してわかった10のこと』 【プロフィール】 1986年神奈川県生まれ。 2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職し2010年3月に転職。 そして、2011年4月にはフリーランスに転向し、2012年4月からは、育児に時間を割くべく「プロブロガー」というキャリアを歩んでいるイケダハヤト氏。 2014年6月には、東京から遠く離れた高知県に移住し、ネットでも話題となりました。 「まだ東京で消耗してるの?」というブログでは、高知の魅力や移住のメリットを日々紹介し、新しいイキカタ・ハタラキカタについての情報を発信されています。 そんなイケダハヤト氏に、愛媛への移住でも参考になるであろう「高知の限界集落に移住してわかった10のこと」についてお話いただきます。

【講演②】平尾 貴志 氏 (有限会社クレイド代表取締役 デジタルハリウッド米子代表)

    

平尾 貴志氏 【テーマ】『デジタルコミュニケーションを核とした地域教育 ~ラーニングスタジオが目指す地域活性~』 【講演内容】 地域都市に根差す地場企業がデジタルハリウッドと連携して、これからの地域に必要とされる人材の提唱、また、地域での新しいライフプランニングにイノベーションをおこす。そんな事例が全国各地に広まっています。

今回のセミナーでは、「デジタルハリウッドSTUDIO米子」を運営するパートナー企業、有限会社クレイド代表取締役平尾氏より、STUDIO米子が取り組んできた「人材育成」、行政との「産学協同」の取り組み、そこから新たにはじまっている「コミュニティを活用した新しい産業誘致」について、事例を元にお話しいただきます。

■セッション2■ パネルディスカッション

【テーマ】 Uターン、Iターン経験者に聞く「移住のリアルとホンネ」UターンやIターン、地方自治体が募集している体験移住の参加など、さまざまなカタチで実際に移住経験があるパネリストの方々に、移住をしてみてのイメージと現実のギャップ、メリット、デメリット、移住を考えている方へのアドバイスなどを伺います。 そして、松山市としての移住の取り組みや制度などについてのお話も聞けるパネルディスカッションです。 【コーディネーター】 井上和俊(AED代表) 【パネリスト】 ・イケダハヤト(プログロガー) ・宇野哲郎(松山市 総合政策部 シティプロモーション推進課 課長 ・小菅達矢(Keinous、デジタルハリウッドトレーナー) ・山内大輔(内子町地域おこし協力隊) and more

【総合司会】セッション1,2 中岡良一(エフエム愛媛パーソナリティー)

■懇親会■(18:45~20:00)

お食事をとりながら、登壇者、移住経験者、移住担当者を囲んで自由にお話、交流いただきます。

移住するなら「愛媛」は絶対オススメ。

愛媛には大自然に関するものならなんでもあります。1995メートルの石鎚山を要する石鎚山系で冬にはスノボ・スキー、夏には登山やトレッキングやキャニオリング。3方を囲む、瀬戸内海、伊予灘、宇和海、太平洋のそれぞれの海は海の幸の宝庫で、釣りやマリンスポーツなんでもありです。

▲海の幸

▲マリンスポーツ

▲山の幸

▲渓谷でのキャンプ

50万人の人口を擁する四国最大の都市である松山市は伊予鉄道による市電と郊外電車が走り、日本最古の温泉「道後温泉」へ行くには市内電車で中心からわずか10分です。

「日本一住宅の賃料が安い」街で、33㎡あたり32710円で90590円の東京のなんと3分の1(※)です。都会ぐらしの感覚だと市内中心でも「こんな部屋がこの値段で!!!」とびっくりすることまちがいなしです。(※2011年総務省統計局調べ)

瀬戸内海の島しょ部や、山間部の自然や田園地帯などの里山の光景も、都会に住む人達にとっては、初めて目にするものばかりで、各地域にのこる長い伝統を経た工芸品や産品も目をみはるものばかりだと思います。

一方課題はたくさんあります。山間部や島嶼部の過疎地域では地域の自治会活動への参加や独特なコミュニケーションやルールなどの問題、様々な生活の不便さなど...。

しかし、地方に住む人には不便さというマイナスにものが、移住者にとって「次々と現れるワクワクする課題」である場合も。 こういった課題を地域住民といっしょに解決していくこともまた、生活の醍醐味であり歓びといえるのではないでしょうか?

▲道後温泉

▲里山の風景

USTREAMでイベントをライブ配信!都会にいながらイベントに参していただけます。

しかし、今回のイベント「地域への移住」なのになぜ移住する人がいる都会じゃなくて、移住先となる地方でやるの?と考えますよね。

我々愛媛に住むデジタルクリエイター自身がイベントを行うことで、実際にデジタルクリエイターが移住して来るための仕事や暮らしに関する具体的なイメージがつかんでもらえるとともに、移住先としての愛媛の魅力を伝えるためこの地の良さを私たち自身もっと考える機会にしちと考えています。

そのうえで、都会に移住したい住む方たちに向けては、インターネットライブ放送(USTREAM)によるイベントの同時配信・参加をしていただくことが出来ます。

参加の方法は、ご自宅のPCやスマホからの視聴と合わせ、都内のサテライト会場(デジタルハリウッドスタジオ)からもご参加いただけます。 登壇者への質問なども、愛媛会場と同じようにコメントや2元中継でご参加いただけます。

▼番組の放送チャンネルはこちら USTREAM

イベント準備・当日スケジュール

【日時】2015年11月13日(金)  ・15:00 - 17:00 セッション1 講演会   ・17:15 - 18:30 セッション2 パネルディスカッション  ・18:45 - 20:00 懇親会 (会場:2Fミュージアムカフェ) 【会場】坂の上の雲ミュージアム 2Fホール 愛媛県松山市一番町三丁目20番地 ▶ 坂の上の雲ミュージアム

集まった支援の用途とその内訳

機材費用:100,000円 講師及びスタッフ費用:100,000円

起案者情報

【団体名】株式会社AMS 【代表者】小出貴司 【HP】http://ams-inc.info 【facebook】https://facebook.com/AMS.jpn 【Twitter】@AMS_UST

えひめではじめませんか?新しい「イキカタ」「ハタラキカタ」

地方に移住したい。愛媛にUターン・Iターンを考えている方に。移住してきたけど地域の人や経済との交流をもっと深めたい方。移住者を受け入れたい企業や自治体の方。

四国愛媛で物質や金銭的な豊かさや利便性だけでなく、あたらしい自然や人や地域とのつながりという新しい価値のあるイキカタ・ハタラキカタを始めてみませんか?

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

小出貴司
 
株式会社AMS 代表取締役
AED(All Ehime DigitalCriators)メンバー
えひめ食未来プロジェクト幹事

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
イベントへの支援

▶当日愛媛会場のイベントへの優先的に参加して頂けます。

▶講演・パネルディスカッション映像のアーカイブをご視聴いただけます。

※メールにてご案内致します。
  •  8人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
イベントへの支援

▶当日愛媛会場のイベントへの優先的に参加して頂けます。

▶講演・パネルディスカッション映像のアーカイブをご視聴いただけます。

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」の送付

※冊子は配送。他はメールにてご案内致します。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2015年12月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り6 個(限定8個)

お返し品説明
イベントへの支援

▶当日愛媛会場のイベントへの優先的に参加して頂けます。

▶講演・パネルディスカッション映像のアーカイブをご視聴いただけます。

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」の送付

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」への広告掲載 1/8ページ

※冊子は配送。他はメールにてご案内致します。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2015年12月中お届け予定
終了しました

50,000円(税込)

残り3 個(限定4個)

お返し品説明
イベントへの支援

▶当日愛媛会場のイベントへの優先的に参加して頂けます。

▶講演・パネルディスカッション映像のアーカイブをご視聴いただけます。

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」の送付

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」への広告掲載 1/2ページ

※冊子は配送。他はメールにてご案内致します。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2015年12月中お届け予定
終了しました

100,000円(税込)

残り0 個(限定1個)

お返し品説明
イベントへの支援

▶当日愛媛会場のイベントへの優先的に参加して頂けます。

▶講演・パネルディスカッション映像のアーカイブをご視聴いただけます。

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」の送付

▶「移住情報とイベント報告を掲載した冊子(B5版16ページ予定)」への広告掲載 1ページ(裏表紙)

※冊子は配送。他はメールにてご案内致します。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2015年12月中お届け予定
終了しました