集まっている金額 261,000(目標 200,000円)
130%
達成率 130
支援者数 54
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2015年05月28日、合計261,000円の支援を集め成立しました。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

障がい者の方も参加していただける、チャリティーリサイタルvol.10 2015開催

こんにちは、Macky & Hiroです。

Macky は、1998年10月、事故が原因で車イス生活となりました。

しかし、車イス生活になってはじめて、今まで見えなかったこと・経験できなかったことなどが、視野が広がることにより体験でき、毎日生きていることが、楽しいと日々感じでおります!

自分が経験した事・気付いた事を活かして、同じ障がい者の方も引きこもらずに外に出て行き楽しめるような機会を作りたいと思い、毎年チャリティーリサイタルを開催しています。

障がい者の方々を中心に、ご家族・ご友人の方を含め幅広く、リサイタルにご招待。普段、外出する機会の少ない障がい者の方に、外出する楽しさを増やして欲しいと考え、国内・外で活躍している『トップクラスの演奏家 チェロ奏者 山本裕康氏・ピアニスト 諸田由里子氏』をお招きし、チャリティーリサイタルを開催します。

素晴らしい演奏を目の前で聴き、感じていただきたいと考えております。

さらに、このイベントを通じて『障がい者施設』に仕事を提供し『障がい者の社会参加』の応援を続けることを目指します。

障がい者の方にも多くの社会参画の機会・活躍できる場所があるべきだと私たちは考えます。

障がい者の方にも多くの社会参画の機会・活躍できる場所があるべきだと私たちは考えています。

このチャリティーリサイタルの会場は入り口も広くて、車イスで生活している方たちや、ベッドで移動している方も、健常者の方々と一緒に入ることができます。

それに、舞台と観客席との間のスペースにゆとりがあるので、車イスやベッドで移動している方たちも、ゆったりとリサイタルを楽しむことができます。

Macky が舞台にあがるときには、ちゃんと昇降機を使って上がれるようになってます。素晴らしいですね~!(^^)v

このプロジェクトのポイントは、

1【障がい者の方だけでなく健常者の方も無料でイベントに参加できる。】

2【印刷物やその他イベントに関わる仕事を全て障がい者施設に発注。仕事を作ります。】

3【当日会場で受付サポートなど障がい者の方が働く機会を作ります。】

4【より多くのお金が集まれば、さらに障がい者施設に多くの仕事を依頼できます。】

参加費無料のイベントなので、市民の皆様や企業の協賛金でこのイベントは運営しております。

毎年、アーティストの移動費や障がい者施設でのチラシ作成等費用がぎりぎりで開催しているのですが、このFAAVOを通してよりお金が集まることにより、多くの障がい者の方の社会参画の機会を作る事ができると思います。

Mackyが車いす生活になって経験した事を、他の方にも知って欲しい!

Macky は、1998年10月、事故が原因で車イス生活となりました。

脊椎損傷で15カ月入院した時には、手術してくれたドクターに、「二度と歩けない!」「一生寝たきり!」と言われました。

でもMacky は、「絶対歩く!」「退院したら仕事を再開する!」という2つのことを強く思って過ごしていました。そして、1999年12月に退院した後、自宅でリハビリ生活をスタート!

さらに、2000年の終わりごろには、Macky のお仕事である『英会話クラス』を再開できました。待っていてくれた students , そして new studens のために、英語・英会話をおしえ続けていました。

そして、車イス生活ながら、マンションで一人暮らしを始めた2004年の5月に、Macky & Hiro は運命的に出会い、2005年6月25日に結婚できました!

車イス生活になって多くの人に出会い支えられ支え合い、視野が広がりいろんな経験をすることができました。

積極的にいろんな人に関わり社会に関わる事で、毎日、生きていることが、楽しいと日々感じでいます!

障がい者の方でも、社会に関わる機会・活躍できる場所がもっともっと地域に増えていけばよいと考えています。まずはきっかけにしかならないかもしれませんが、障がい者の方が輝ける場所としても、このチャリティーリサイタルの意義はあると思います。

チラシなども就労支援B型事業所で作成します!

今回でvol.10になるこのイベントですが、当初は障がい者施設に車椅子などの寄付を行っていました。実際、障がい者が働く施設では、仕事を提供するほうが、障がい者の方にも施設にも、喜ばれることがわかりました。

このイベントを通して、よりたくさんの仕事を障がい者施設に依頼していきます。

また、リターン品として、施設で障がい者の方々が作った品をお送りしたいと思います。障がい者の方々が一生懸命作った商品を是非皆様にも知っていただきたいと思います。

【開催内容】2015年7月11日(土曜日)14時開演松山市総合福祉センター1F 大ホール

[日時]2015年7月11日(土曜日)

[場所]松山市総合福祉センター1F 大ホール

[開演]14:00 開場 13:30 終演 16:00

[料金]全席無料(定員400名)

[出演]チェロ奏者 山本裕康氏・ピアニスト 諸田由里子氏

[主催]マッキー&ヒロ(長井 博明・牧子)

[後援]

出演者プロフィール

■チェロ奏者 山本裕康氏

第56回日本音楽コンクール、第1回日本室内楽コンクール優勝。

桐朋学園を首席で卒業後、イタリア・キジアーナ音楽院にて室内楽のディプロマを取得。

都響首席チェロ奏者、広島交響楽団客演ソロ・チェロ奏者を経て1997年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・チェロ奏者に就任、現在に至る。

ソロ、室内楽の活動に加え、サイトウキネン・オーケストラ、オーケストラMAP'Sのメンバーとしても活躍。

09年よりチロット音楽祭ディレクターも務める。

バッハ/無伴奏チェロ組曲全曲、ソロアルバム「情景」、バイオリンの石田泰尚とのDVDをリリース。

名古屋芸術大学客員教授、東京芸術大学、洗足学園各非常勤講師。

神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・チェロ奏者に加え、2014年度より京都市交響楽団特別客員首席チェロ奏者。

■ピアニスト 諸田由里子氏

桐朋学園付属子供のための音楽教室、桐朋学園女子高等学校を経て桐朋学園大学を卒業。

同大学の伴奏研究員及び室内楽研究科を修了。

第一回淡路島国際室内楽コンクール第二位受賞。

第一回日本室内楽コンクール優勝。

イタリアのキジアーナ音楽院にて全額スカラシップを得て、ディプロマを取得しウィーンに留学。

帰国後は多くのアーティストのリサイタルの伴奏、室内楽奏者として、また、チェンバロ奏者として数多くのコンサートに出演する傍ら、オーストラリア、ニュージーランドのコンサートツアー、諏訪内晶子氏との3度にわたる台湾でのコンサート、フランス・ノイヤール・ミュージック・フェスティバルへの参加等、海外でのコンサートも数多い。

最近ではソロ・リサイタルを精力的に行い、その透明で美しい音色と確かな解釈で、毎回質の高い演奏が評判となっている。

2007年、ライヴノーツ、ナミ・レコードよりCD「諸田由里子ピアノリサイタル」を、2010年にはセカンドアルバム「ドビュッシー:版画 諸田由里子ピアノリサイタルⅡ」をリリースしている。

公式ホームページ http://yurikomorota.com

イベント開催スケジュール

2015/6 チラシ・パンフなど就労支援B型事業所に依頼。障がい者施設に当日の仕事などを依頼。

2015/7/11 チャリティーイベント開催

起案者情報

【団体名】マッキー&ヒロ

【代表者】長井 牧子

【HP】

【facebook】チャリティーコンサート-マッキーヒロ

■Macky & Hiro 活動実績

1. Macky(長井牧子) の歌とピアノ、Hiro(長井博明) の司会

(1)  老人ホ-ム「れんげ荘・白寿荘」

(2)  知的障がい者更生施設「希望が丘」

(3)  「和泉保育園」

(4)  デイサ-ビスセンタ-「きらり」

(5)  訪問看護ステ-ション「ほのか」

(6)  愛媛リハビリ訪問看護ステ-ション

(7)  松前町役場障がい福祉課

(8)  身体障がい者療護施設「スマイル」

(9)  松山ベテル病院・ベテル三番町クリニック

(10) 託老所「 あんき」

(11) 新居浜市まちづくり協働オフィス

(12) 東予希望の家

(13) 新居浜「コミュニティハウス三恵」

2.Macky & Hiro 主催「チャリティ-リサイタル」

Vol.1 2005年 12月 エスパス21 にて開催

Vol.2 2006年 12月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.3 2007年 12月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.4 2008年 12月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.5 2009年 12月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.6 2010年 12月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.7 2012年 5月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.8 2013年 6月 松山市総合福祉センタ-にて開催

Vol.9 2014年 7月 松山市総合福祉センタ-にて開催

3.その他

2009年4月 「かざみきもの学院 きものショー」参加

2009年5月 骨髄バンクドナー登録支援コンサート

2009年7月 河原学園主催の「車イスファッションショー」参加

2010年2月 今治市でのイベント参加

「Hand & Hand presents ~heart beat~ in グリーンピア玉川」

2010年10月「車イスファッションショー 2010」松山市大街道にて参加

集まった支援の用途とその内訳

チラシ作成費用:10万円

当日の障がい者の方への仕事提供費(受付サポートなど):5万円

リターン品のメモ帳など:5万円

合計:20万円

皆様の支援 何とぞ宜しくお願いします!

このイベントは多くの方々に参加していただきたいとの思いがあり、無料で開催しております。

イベントには実際多くのお金がかかります。

ですからみなさまのご協力が必要になります。どうかご支援よろしくお願いします!

※銀行振込をご希望の方へ

銀行振込でのご支援方法をご希望される方は、担当者にて個別対応致します。下記アドレスまでメールにてご連絡ください。折り返し手順についてご案内させていただきます。

★mail【 macky-hiro@gray.plala.or.jp

※1 ご連絡頂く際は、件名に"【FAAVO愛媛】銀行振込について"と入れて下さい。また、本文中には下記情報を必ずご明記下さいますようお願い致します▼

【必須記載事項】

・お名前

・ご住所(リターン品送り先)

・電話番号

・メールアドレス

・ご支援金額

・ご希望リターン品(複数のリターン品を選択することも可能です)

※2 振り込み手数料につきましてはご負担頂きます。ご注意下さいませ。

※3 頂いた支援金に関しては、期間内に目標金額に達しなかった場合、責任を持ってお返しいたします。(不成立の場合返金する際の送金手数料はこちらで負担致します。)

その他、会員登録、クレジットカードでのご支援方法につきましてご不明点ございましたら、お手数ですがFAAVO愛媛運営事務局までご連絡下さいませ。どうぞ宜しく御願い致します。

シェアによるご支援もお願いいたします。

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

mackyandhiro

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
・(お名前入りの)ご招待状
  •  6人が支援しているコースです
  •  2015年6月中配送予定
終了しました

3,000円(税込)

お返し品説明
▶(お名前入りの)ご招待状

▶当日のパンフレットにお名前記載

▶イベント後パンフレット送付
配送について
パンフレットは7月中の配送予定です。
  •  20人が支援しているコースです
  •  2015年6月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
▶障がい者施設で作ったメモ帳など文具セット

▶(お名前入りの)ご招待状

▶当日のパンフレットにお名前記載

▶イベント後パンフレット送付
配送について
パンフレットは7月中の配送予定です。
  •  17人が支援しているコースです
  •  2015年6月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
▶諸田由里子 CD1枚

▶障がい者施設で作ったメモ帳など文具セット

▶(お名前入りの)ご招待状

▶当日のパンフレットにお名前記載

▶イベント後パンフレット送付
配送について
パンフレットは7月中の配送予定です。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2015年6月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
▶山本裕康 CD1枚

▶障がい者施設で作ったメモ帳など文具セット

▶(お名前入りの)ご招待状

▶当日のパンフレットにお名前記載

▶イベント後パンフレット送付
配送について
パンフレットは7月中の配送予定です。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2015年6月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
▶諸田由里子 CD1枚

▶山本裕康 CD1枚

▶山本裕康 DVD1枚

▶障がい者施設で作ったメモ帳など文具セット

▶(お名前入りの)ご招待状

▶当日のパンフレットにお名前記載

▶イベント後パンフレット送付
配送について
パンフレットは7月中の配送予定です。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2015年6月中配送予定
終了しました