集まっている金額 85,500(目標 60,000円)
142%
達成率 142
支援者数 21
残り 計算中
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

島民と全国の仲間でつくる《アートの基地しましま》の天井画計画

 

初めまして!

このプロジェクトの起案者の有吉かな子と申します。

愛媛県今治市からしまなみ海道を渡り2番目に位置する島、伯方島で地域おこし協力隊をしています。

 

     (24年間、こんな写真しかない人生です)

 

埼玉県出身ですが、京都市立芸大を卒業後、今治市の地域おこし協力隊として、ここ、伯方島にやってきました。自然豊かな場所で、何かクリエイティブで面白いことができないか?そんなことを思い描きながら、移住したのが1年半前。

現在、島で、パンフレットやチラシ、地産商品のラベル制作、アートワークショップを実施するなど、デザインやアートの分野で日々、島おこしにチャレンジしています。

 

 

さて、そんな島おこしの取り組みの中で、今特に力を入れている〈アートの基地しましま〉プロジェクトについて、ご紹介させていただきます!

最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

 

 

 

伯方島ってどんなところ?

 

愛媛県今治市伯方島は、しまなみ海道の島々の中で1番小さな「伯方の塩」発祥の島。

人口は約6000人で、島内には小、中、高の学校があります。柑橘の栽培に適した瀬戸内の穏やかな気候に包まれ、主に造船や海運の産業が盛んな自然豊かな島です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度から島でスタートしたこの天井画プロジェクトは、しまなみ地域の子ども、お年寄り、障がいのある方たちに加え、京都市立芸術大学の学生の応援と協力、今治市の「しまなみ地域活性化推進協議会連合体」の助成金を得て実現しました。

  

 

舞台となる鎮守の杜は、伯方町北浦自治会のみなさんや、島の自閉症の方と一緒に島づくり活動をされている田窪良子さんの 尽力で、毎月、様々な行事やイベントに活用されているスペースです。

 

鎮守の杜の外観(旧北浦保育所)

ただ、いるだけで島時間を感じるレトロな空間です。

 

 

 

例えば、

園庭で、地元の人たちが手作りのマルシェや音楽ライブをしたり・・・

 

 

地域の課題を見つけ、アイデアを出し合う「島ミーティング」が開かれたり・・・

 

 

島では観れない映画の上映会を開いたり・・・

 

 

 

この場所から、手作りの新しい取り組みがどんどん生まれています。

 

 

10月〜11月にかけて開催した天井画ワークショップ

  

この鎮守の杜での 天井画づくりはいたってシンプル!

もともと200枚ぐらいのパネルがはめ込まれている教室の天井を同じサイズの別のパネルに張り替えます。

1枚40×90センチの木のパネルに、みんなで思い思いのしましまアートを描いていきます。

こうして作品になったパネルが、最終的に天井にはめ込まれる大事な1ピースになるのです!

(この大きな教室のボロボロの天井をアートでいっぱいに!)

 

 

秋から、3回に分けて京都芸大の学生数名を講師に迎えたワークショップを開催し、たくさんの方の作品が集まりました。

ワークショップの会場は、これから天井画を貼る教室。「ぼくの絵がここに貼られるんやねぇ!楽しみやねぇ!」とルンルンで帰っていく子どもたちを見ていると、私もこの天井画の完成が楽しみで仕方がありません。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

参加者の中には、 

 

島外からやってきた若者や、

 

 

普段、絵を描かないという近所のお年寄りまで!

 

 

 

子どもだけでなく幅広い世代の方がこのプロジェクトに参加しています。

 

 

アートを通して島に特別なつながりを感じてほしい

地域おこし協力隊として伯方島にやってきた私に、島の人はよく「こがに何もないところ、おもしろなかろう?」と言います。進学や就職で島を出て行く若者も多く、少子高齢化も相まって、年間100人単位で人口が減っているのが現状なのです。

 

 

確かに、東京にあるものは島に無いかもしれないけれど、東京にないものが島には沢山あるのも事実!

 

 

島の人口減少を止めることは難しくとも、今ある場所やつながりを大切にしたり、島の外との関わりを生み出したりすることはきっとできるはず!

そのきっかけになること願って、「アートの基地しましま」プロジェクトを発案しました。

 

 

ボーダーレスなアートを通じて島に魅力的な場所を作ること。

その過程から完成までをみんなで共有すること。

私にとっては、そこに「アートの基地しましま」を実施する理由があります。

 

 

 

 

 

天井画づくりには枚数と資金が必要!

 天井に貼る150枚のパネルの完成を目指し、既に参加者のみなさんと作品制作を進めているものの、実際にはまだまだ枚数が足りていません!

参加者のみなさんには1枚ずつマイパネルを購入する形で参加料をいただいているのですが、現在の参加料では天井画の貼り替え資金を捻出することが難しいのが現状です。

 

 

  

 

 

支援金の使いみち

 

アートの基地しましまプロジェクトは「しまなみ地域活性化推進協議会連合体」という今治市の助成金が8割、自分たちで用意するお金が2割で実行されています。

このクラウドファンディングでは、2割のうち参加料だけでは補えなかった数万円の支援を全国から募り、地元の大工さんに依頼する天井画貼り替え工事の資金にさせていただきたいと思います!

 

 

 

(鎮守の杜の園庭)

 

 

私は、このクラウドファンディングをきっかけに、伯方島の方、伯方島出身の方、伯方島に訪れたことがある方、たまたま興味を持ってくださった方など、全国のみなさんとつながりたいと思っています。

 

もし、最後まで読んでいただき、このプロジェクトにご賛同いただけるようでしたら、どうぞご支援の程よろしくお願いいたします!

ずっーと残るみんなの天井美術館の完成を楽しみにお待ちください。

 

 

 

 実行スケジュール

・10月ー11月   鎮守の杜で、地域の人や芸大生と天井画制作(すでに実行)

・12月       クラウドファンディングで支援者を募る

・12月ー1月     支援者の名前の入った天井画を制作

・1月末ー2月      地元の大工さんによる貼り替え工事

・3月10日      鎮守の杜にて天井画お披露目会!

 

 

 

お問い合わせ先

 「アートの基地しましま」  

メール     kanako.ariyoshi@gmail.com

電話      0897-72-1500(今治市役所伯方支所)

facebookページ  伯方島アートの基地しましま

主催       しまなみ地域活性化推進協議会

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

有吉かな子(伯方しまなみ地域活性化協議会)
 
埼玉県飯能市出身
京都市立芸術大学版画専攻卒業後、愛媛県今治市の地域おこし協力隊として伯方島に移住。
版画やイラストを用いて地域を発信するデザインを日々研究する傍ら、島でのアートワークショップや、映画の上映会を不定期で開催中。

支援コース

2,000円(税込)

残り17 個(限定30個)

  •  島の人が描くお名前入りの天井画1枚
  •  お礼のメッセージ(メール)
  •  完成お披露目会のレポート(メール)
お返し品説明
島の子どもや障がい者のみなさんと一緒に支援者さんのお名前入りの天井画(パネル1枚40×90センチ)を描きます。
簡単な絵の内容もリクエスト可能です。(猫、鳥、お花、海など)
完成した1枚と、天井に貼られた様子を写真に撮って、追ってお送りします。
(※天井画の写真のみの発送となり天井画自体ははお送りできかねますのでご注意ください)

3月10日の完成お披露目会でも、お名前をご紹介させていただきます。
お時間がある方はぜひお越しください!
  •  13人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定

5,000円(税込)

残り5 個(限定10個)

  •  島の人が描くお名前入りの天井画2枚
  •  お礼のメッセージ(メール)
  •  完成お披露目会のレポート(メール)
お返し品説明
島の子どもや障がい者のみなさんと一緒に支援者さんのお名前入りの天井画(パネル1枚40×90センチ)を2枚描きます。
簡単な絵の内容もリクエスト可能です。(猫、鳥、お花、海など)
完成した2枚と、天井に貼られた様子を写真に撮って、メールでお送りします。
(※天井画の写真のみの発送となり天井画自体ははお送りできかねますのでご注意ください)

3月10日の完成お披露目会でも、お名前をご紹介させていただきます。
お時間がある方はぜひお越しください!
  •  5人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定

10,000円(税込)

残り0 個(限定3個)

  •  島の人が描くお名前入りの天井画4枚
  •  お礼のメッセージ(メール)
  •  完成お披露目会のレポート(メール)
お返し品説明
島の子どもや障がい者のみなさんと一緒に支援者さんのお名前入りの天井画(パネル1枚40×90センチ)4枚を描きます。
簡単な絵の内容もリクエスト可能です。(猫、鳥、お花、海など)
完成した3枚と、天井に貼られた様子を写真に撮って、メールでお送りします。
(※天井画の写真のみの発送となり天井画自体ははお送りできかねますのでご注意ください)

3月10日の完成お披露目会でも、お名前をご紹介させていただきますので、お時間がある方はぜひお越しください!
  •  3人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました