集まっている金額 110,000(目標 300,000円)
36%
達成率 36
支援者数 17
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年01月12日、合計110,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

シザーサック発送

2018.03.27

5,000円以上の御支援をしていただいた方へのお返しであるシザーサックの発送手続きが完了いたしました!
今週中にはお手元に届くと思います。
 
支援者全員にお送りするストーリーブックは鋭意制作中です!
引き続き応援よろしくお願いします。・・・

もっと読む 

シザーサックのデザイン最終版

2018.02.18

5000円以上の御支援をくださった方々へのお返し品としてシザーサックをお送りしますが、ようやくデザインが固まりました。
鋏職人、理美容師の意見も聞きつつ、使いやすく、かつ、スタイリッシュなものへと……
 
まず、留め具のついたベルトを少し長くし、多様な鋏の形状・サイズにも対応。
また、単純にベルトだけを長くすると格好が悪いので、鋲の配置もふくめ体裁を整え、
そして、刃先についた髪が内部にた・・・

もっと読む 

御支援ありがとうございました!

2018.01.14

はじめてのクラウドファンディングでしたが、結果として17人から11万円の御支援をいただくことができました。皆様ありがとうございました!
 
御支援いただいた資金ももとに千葉工匠具ストーリーブックの制作を進めていきます。
5000円以上御支援された方には千葉県産の革を用いたシザーサックもお送りします。
 
今後のスケジュール
3018年3月頃 シザーサックの先行配布
2018年9月・・・

もっと読む 

クラウドファンディングと広報効果の分析

2018.01.05

あけましておめでとうございます。
クラウドファンディングも残り1週間となりました。
 
年内最後のレポートでも書きましたが、今回のストーリーブック制作・クラウドファンディングは千葉工匠具のストーリーを伝え、広め、残していくために始めています。

クラウドファンディングを実施すること自体がブランディングに向けた広報の一環、とも言えるかもしれません。募集期間も80日間と長めに設定していますし、all-in方式にすることで御支援い・・・

もっと読む 

クラウドファンディングで掴みたいこと

2017.12.30

クラウドファンディングも残り2週間ほどとなりました。
現在までに集まった金額は13人から75,000円。FAAVO手数料20%を除くと60,000円ほどが手取りになります。ようやくストーリーブックを30部程度は作れるようになりました。
目標は300,000円調達で200部制作です!
 
クラウドファンディングを始めたのは、資金面の課題もありますが、
私達が200年近くかけて積み重ねてきたストーリーに価値を見出してくれ・・・

もっと読む 

柏市の秋山市長を表敬訪問

2017.12.19

柏市内に工房を構える矢羽根製作所と五香刃物製作所の2社で、柏市の秋山市長を表敬訪問しました!
11月30日に千葉工匠具が経済産業大臣から伝統的工芸品の指定を受けたことを報告し、ものづくりに懸ける想いをぶつけました。秋山市長はものづくりにも造詣が深く、有意義な意見交換の時間になりました。
 
秋山市長、柏市役所の皆さん、貴重な機会をいただき、ありがとうございました!
柏市に昔からの技法で洋包丁を作る職人がいること、矢羽根製作所のバー・・・

もっと読む 

伝統的工芸品指定まで支えてくれた方々

2017.12.10

11月30日に経済産業大臣から伝統的工芸品に指定されてから、様々な方からお祝いの言葉をいただきました。伝統的工芸品指定は様々な分野の方々に様々な立場から協力いただくことで実現しました。お祝いを受けるばかりではなく、こちらからお礼を言いたい方もたくさんいます。
 
千葉県庁の皆さん
団体の立ち上げ段階から一緒に頑張ってくれました。土日返上で県内各地の鍛冶職人のもとへ一緒に通っていただき、ありがとうございました! 千葉県庁の皆さんがいなければ、伝統・・・

もっと読む 

千葉工匠具が国の伝統的工芸品に!!

2017.11.30

11月30日付で千葉工匠具が国の伝統的工芸品に指定されました!!
これは「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づくもので、100年以上の伝統があることを客観的に証明でき、かつ、地場産業として一定以上の規模が残っている工芸品しか指定を受けることができません。千葉県の工芸品が国指定されるのは房州うちわ以来の出来事です。
 
国指定の伝統的工芸品になるのは、目標のひとつでもありました。
私たちの手仕事の伝統と技術が認められたのは嬉し・・・

もっと読む 

千葉を国内有数の工匠具産地に育てた二人の職人

2017.11.19

今回のレポートでは、千葉を国内有数の工匠具産地にまで育てた二人の職人を紹介します。
ストーリーブックにどのようなコンテンツが盛り込まれるか、支援者の皆様の参考になれば嬉しいです。
 
江戸末期の房総半島。そこには、市原の立野平作、鴨川の佐藤政治という二人の鍛冶職人がいました。
二人は野鍛冶・農民の子として生まれましたが、様々な出会いのもとに、それぞれ三品近江守藤原朝臣兼氏、鉄水子国輝という刀鍛冶に弟子入りし作刀技術を学ぶことになります。他・・・

もっと読む 

松戸伝統工芸技術展でフライヤー配布

2017.11.12

11月16日・17日に松戸商工会議所で開催される「松戸伝統工芸技術展」の会場内に、千葉工匠具のフライヤーを置かせてもらえることになりました。
主催者の松戸商工会議所さん、運営主管の青年部の皆さん、ありがとうございます!
簡単な紹介文しかない手作り感あふれるフライヤーですが、少しでも千葉工匠具の認知度を上げられれば嬉しいです。団体メンバーが作る仕事道具は海外にもファンが多いので、以下のような英文の紹介文も載せています。
 
he B・・・

もっと読む 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

千葉県打刃物連絡会
千葉で刃物・手道具を作る職人の団体です。

支援コース

2,000円(税込)

  •  千葉工匠具ストーリーブック
  •  5人が支援しているコースです
  •  2018年9月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  千葉工匠具ストーリーブック
  •  千葉県産の革素材を使ったシザーサック
  •  4人が支援しているコースです
  •  2018年9月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  千葉工匠具ストーリーブック
  •  千葉県産革素材を用いたシザーサック
  •  ストーリーブック奥付に協力者としてお名前掲載
  •  8人が支援しているコースです
  •  2018年9月中お届け予定
終了しました