集まっている金額 58,000(目標 50,000円)
115%
達成率 115
支援者数 23
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2016年09月29日、合計58,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

図書館とはなんだろう?

 

 この10月に船橋市西図書館が新しくオープンします!

東北大震災3・11被害を受け、新たな場所に建て替えられました。

 また、その西図書館を除く船橋市の3つの図書館が指定管理制になり、同一会社の管理経営になるとのことです。地域の知的文化拠点である図書館も様変わりの時期が来ました。

 そこで私たちもあって当たり前のように思っている図書館を原点から見直し、「図書館っってなんだろう?」というところから図書館を再認識し、私たちの「わくわくする図書館」を考えてみたいと思います。

 豊かな地域の知的文化拠点として、子どもたちの心の成長の場として図書館を大事に見守りたいです。

  

作家の落合恵子さんをゲストに迎えてフォーラムを開催します!

 

落合恵子さん:

1945年生まれ。執筆と平行して、東京、大阪に子どもの本の専門店クレヨンハウス、女性の本の専門店ミズ・クレヨンハウスなどを主宰。総合育児雑誌「月刊クーヨン」、オーガニックマガジン「いいね」発行人。子ども、高齢者、女性など、社会構造的に「声の小さい側の声」をテーマにした作品多数。

 

フォーラム概要

 

■ 日時:2016年10月1日(土) 15:30 〜 17:30

開場:葛飾公民館講堂(〒273-0031千葉県船橋市西船3-6-25-201)

 

タイムスケジュール

1部(15:30〜) 講演:落合恵子

2部(16:30〜)<図書館に関する情報交換ひろば>

 

<<テーマ>>

『私にとってのわくわく図書館って』

図書館関係団体や子どもの育成支援団体等の方々を<パネラー>に向かえて、それぞれにとってわくわくする図書館像を話していただきます。

 

<<パネラー>>

・岡 直樹(NPO法人情報ステーション代表)

・東郷洵子(地域文庫活動)

・大塚幸恵(NPO法人船橋子ども劇場理事長)

 

<<特別ゲスト>>

落合恵子さん・コーディネーター半田晶子

 

<<主催>>

(特)NPOまちアート・夢虫

 

<<後援>>

船橋市教育委員会

 

◆集まったお金の使い道

 

・資料、チラシ、参加チケット等の印刷費

・諸経費

 

計50,000円

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

npoまちアート・夢虫

支援コース

1,000円(税込)

  •  協賛にお名前を掲載
  •  4人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

2,000円(税込)

  •  協賛にお名前を掲載
  •  当日の参加券
  •  17人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  協賛に法人名を掲載
  •  2人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました