集まっている金額 511,000(目標 500,000円)
達成率 102
支援者数 32
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

【最新情報】プロジェクトの経過をご報告します。(2015.05.29)

現在私たちは、ストレスを軽減するためのトータルな空間づくりを目指し、その第一弾して「音」にフォーカスしたアイテム『森の音(ね)』の開発を進めており、その開発資金を皆さまにご支援いただけるよう、お呼び掛けしています。

4月15日にFAAVO愛知にて当プロジェクトを立ち上げて以来、開発を進める過程において、プロジェクトの内容・方向性が、立ち上げ当初と比べ、より具体的になってまいりましたので、その概要を、あらためてこちらにご紹介します。

「音」によって「森にいる時と同じ心理状態」をつくる

今回、ストレスを軽減するための「音」にフォーカスしたアイテムの開発にあたり私たちがこだわったのは、そこから「何が聴こえるか」ではなく、「どんな特質をもった音が聴こえるのか」。

つまり、ただ単に「鳥の声や小川のせせらぎといった自然の音」を流せばよいわけではなく、

「音」によっていかに「森そのものの姿」をそこに幻出させるか、

「森にいる時と同じ心理状態」をつくることができるか。

そのためには、音の「つくり方」と「出口」にこだわる必要がありました。

「スピーカー」という概念を超えた、まったく新しいもの

そこで今回、私たちがパートナーに迎えたのが、知る人ぞ知る「音のエンジニア」石黒智史氏。

マークレビンソンやJBLなどの高級ブランドオーディオで知られるアメリカの大手音響メーカー「HARMAN(ハーマン)」社出身、2012年には、伝説の名車トヨタ2000GTを電気自動車にコンバージョンする「CRAZY CAR PROJECT」に参加、そのエンジン音を「自然音」を用いて再現する「HALO SONIC」を担当した経歴の持ち主。

いわゆる「ステレオ」や「サラウンド」といった複数のスピーカーを使ったバーチャルなリアリティではなく、「音」そのものをデザインすることによって臨場感を生み、空間自体を変えてしまう。

私たちの「思い」に、石黒氏の「理論」が掛け合わされた時、そこに生まれたのは、もはや「スピーカー」という概念を超えた、まったく新しいものでした。

「森の音(ね)」は、もはや「スピーカー」と呼ばれる装置ではない。

人々のライフスタイルを変える発明。私たちはそれを「トランスデューサー」と呼びます。

あなたも歴史が変わる瞬間の立ち会い人になろう!

『森の音(ね)』開発ドキュメントはこちら

6/9更新 「音」はエネルギー

【追記】リターン品『森の音(ね)~ことり~』について(2015.05.29)

ただいま開発を進めている『森の音(ね)』は、製品化まで、まだ数々の実証実験が必要となります。

今回ご支援をいただいた際のリターン品として設定しております『森の音(ね)~ことり~』は、そのデモンストレーション版として製作するものです。

プロダクツとしては「トランスデューサー」ではなく、スピーカーとして機能するものであることをご了承ください。

耳鳴りに悩まされている私が、

ストレスを軽減するアイテムを開発したい

「ぬちぐすいワンズ」の大城と申します。「ぬちぐすい」とは、沖縄の方言で「いのちの薬」という意味です。ストレスを解消する「命の薬」となる商材やサービスを国内外から掘り起こし、ご提供することを理念にしています。

実は私は3年前から「キーン」という耳鳴りに悩まされています。脳神経外科でMRIをとったのですが、血管が神経を圧迫しているわけでもなく、原因は分かりませんでした。「ストレスが大きな原因ではないか」と主治医。「製造品出荷額等37年連続第1位」のモノづくり王国・愛知のオフィスで働くビジネスマンには、私のような悩みやストレスを抱えている人も多いはず…。

そんな私の耳鳴りが、少しだけ小さくなる時があるのです。

その実体験から得たヒントに基づき、今回起案するのは、ストレスを少しでも減らすための、「音」にフォーカスしたアイテムの開発費用です。

製作に使用するのは、伊勢湾に注ぎ込む木曽川、長良川の上流にある、東濃桧、長良杉を中心とした香りも豊かな木です。

ヒーリングサウンドの概念を変える、

ストレスを軽減するための『森の音(ね)』の開発!

豊かな森の中で育まれた木々。その木を活用してストレスを解消するためのプロダクトシリーズが『森の音(ね)』です。

「木の香」と「森の音」を活用して、オフィスを快適な空間に変えていきたいと私たちは考えています。

それは机の上に置くものであったり、机そのものであったり、あるいはオフィスの床や空間を仕切るためのパーテーションであったり…。

ストレスを減らすための、オフィス全体のトータルな空間づくりのご提案に向けて、今回、まず第一弾のプロダクツとして開発したいのが、『森の音(ね)~ことり~』です。

香り高い木で作った小鳥型のスピーカー

『森の音(ね)~ことり~』

『森の音(ね)~ことり~』は、香り高い木で作った小鳥型のスピーカー。

ただし、私たちがこだわるのは、そこから流れる「音の特性」。

リラックスするためにただ「鳥の声」を流したとしても、人によってはうるさいと感じる可能性があります。

今回のプロジェクトでは、長年「音の特性」を追求し続けてきた「音のプロフェショナル」の協力のもと、ストレスを軽減できる「音の質」にこだわります。

プロダクトから「何の音が聴こえるか」ではなく「どんな特質をもった音が聴こえるのか」、そこにこそ、快適な空間を生み出す秘密があるのです。

デザインに関するこだわりは「主張しすぎないこと」。

快適な空間を作り出すために、あえてシンプルなデザインを目指し、既存のオフィス空間にあっても違和感がないようにするためには何が必要かを追求していきます。

<仕様>(予定)

[サイズ] 幅 7cm・高 10cm ・ 奥10cm

[材 質] 東濃ひのき、長良杉、ミズメザクラ、クロモジ等

[入力端子]3.5mmステレオミニプラグ スマートフォンやパソコンに接続して使用いただける仕様で検討

古来より愛知を潤してきた、飛騨の森の木を活用

使用する木材は、東濃ひのき、 長良杉、ミズメザクラ、クロモジ等を考えています。

「東濃ひのき」は、伊勢神宮の式年遷宮では外宮の用材として使用され、全国的にも知名度の高く、愛知県のお隣、岐阜県は室町時代から産地として名を馳せており、材質はピンクで艶があります。

「長良杉」は、愛知に水の恵みをもたらしてくれる長良川流域で産出する国産材を指し、川の名にちなみながら、「長くて良い杉」という意味も込められています。

他にも、湿布薬の匂いがすると言われる「ミズメザクラ」。材は緻密で硬く、年月が経つ程に濃いエンジ色に輝いてきます。また「クロモジ」は、かつては化粧品や石鹸等にも使われ、現在では和菓子屋さんの中には高級楊枝として使用するところもあります。

そのどれもが香り豊かであり、ストレスを解消するための要素としても魅力ある材です。

耳鳴りに悩まされ続けている私だからこそ、

「音」にこだわったプロダクトを提案したい!

今から37年前、 飛騨の匠の技を持つプロフェッショナルが「森」と寄り添い「モノをつくる」ことを志し、飛騨高山の西のはずれ、標高600メートルの森の中に「森の自然学校」を設立しました。

「モノづくりは生きる力を育む」をコンセプトに循環型社会を模索している「森の自然学校」。その敷地内に、私たち「ぬちぐすいワンズ」は高山支社をおいています。

ここを訪れると、不思議なことに、私の耳鳴りは少し小さくなるのです。

「森の自然学校」がデザインし作るモノは、すべて「森」とつながっています。

野鳥の声、せせらぎ、さざめき…。森の自然の条理を五感で感じながら、使うヒトの生き方に想いを馳せ、デザインし、モノづくりをすることが大きなこだわり。そのつながりをたどるたびに、新たな「生き方のデザイン」に出逢います。

開校以来続く「家具づくり」のセミナーには、今でも多くの人々が訪れます。長続きの秘訣は「楽しむこと」。

そんな「森の自然学校」と、日本有数の木材加工技術を持つ「後藤木材」、世界遺産・白川郷の海外プロモーションや、各地の地域ブランド構築も手掛けてきた「ぬちぐすいワンズ」、3者それぞれの強みを活かしたコラボレーション企画として、今回のプロジェクトに挑みます!

働くヒトのストレスを、

『森の音(ね)』で軽減したい!

「製造品出荷額等37年連続第1位」のモノづくり王国・愛知のオフィスで働くビジネスマンには、私のような悩みやストレスを抱えている人も多いはず。

国立健康・栄養研究所のデータによれば、「1日に6時間以上座る生活を続けていると、たとえ日常的に運動を実施していても、1日に3時間しか座らない生活の人に比べて15年以内に亡くなる確率が40%増えてしまう」とか…。

私たち「ぬちぐすいワンズ」は、オフィス環境を少しでも向上し、ストレスを減らすことができる「ぬちぐすい=命の薬」を提案します!!

集まった支援の用途とその内訳

試作品の制作費   150,000円

音制作・調整費   150,000円

材料費        50,000円

リターン品(送料込)100,000円

諸経費        50,000円

合計 50万円

起案者情報

有限会社ぬちぐすいワンズ

【 HP 】http://www.nuchigusui-ones.com/

【Facebook】https://www.facebook.com/nuchigusuiones

後藤木材株式会社

【 HP 】 http://www.houscrum.co.jp/

【Facebook】https://www.facebook.com/houscrum

森の自然学校

【 HP 】http://www.oaknature.co.jp/

【Facebook】https://www.facebook.com/oaknature

フルトデルスタジオ

【 HP 】http://www.furtdell.com/

【Facebook】https://www.facebook.com/furtdell

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

iger4

支援コース

3,000円(税込)

お返し品説明
①12種類の異なる木を使って制作した「木のはがき」
②クロモジとニオイコブシの、よい香りがするピース(長さ5センチ、直径8~10ミリ)1本づつ

以上①②を「木の説明書(それぞれの材木の特徴等がわかります)」とともにお送りします。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2015年7月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

残り3 個(限定20個)

お返し品説明
こだわりの自然農栽培のおまかせ野菜セットと自然養鶏(平飼い)卵のセットを、計2回お送りします。
配送について
7月・8月・9月で、ご希望の日にちを2回選んでいただきます。
  •  17人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
【森の自然学校(飛騨高山)での宿泊 1泊2日】
※2015年7月以後での宿泊ご予約を承ります。

・アロマウォーター入りのお風呂でリフレッシュ
・採れたて自家製野菜と卵と鶏肉の美味しい夕食
・自分に合った特製アロマスプレー、またはアロマキャンドル作り体験
…など、心も体も新鮮な感覚に出会えます!
配送について
※2015年7月以後で宿泊のご予約を承ります。
  •  3人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
iPhone用木製スピーカー
☆ナラ材使用
※電気を使わずにiPhoneの音が良く聴こえるようになるスグレモノ!
※iPhone5以降に対応
  •  5人が支援しているコースです
  •  2015年9月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
【森の自然学校(飛騨高山)での宿泊 1泊2日+木工製作体験!】
※2015年7月以後での宿泊ご予約を承ります。

・タグアヤシの種で「にぎにぎボール」づくり
※エクアドル産タグアヤシの種は、削ると象牙のような表情になります。エクアドルの森林を守る活動にも貢献します。

・さらに、下記①~③よりひとつ選んで製作体験
①タブレット立て
②健康足踏みフローリング
※桧の板に突起を加工して、そこで足踏みすると脚のツボをおしてくれるフローリング材
③iPhone用木製スピーカー
☆ナラ材使用
※電気を使わずにiPhoneの音が良く聴こえるようになるスグレモノ!
※iPhone5以降に対応

プラス
FAAVO愛知限定生産『森の音(ね)〜ことり〜』を進呈
配送について
宿泊に関しては、2015年7月以後でのご予約を承ります。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2015年10月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
木製スツール
仕様|ナラ材
幅 360㎜ × 奥 300㎜ × 高 400㎜

プラス
FAAVO愛知限定生産『森の音(ね)〜ことり〜』を進呈
  •  1人が支援しているコースです
  •  2015年10月中配送予定
終了しました

50,000円(税込)

残り5 個(限定10個)

お返し品説明
【森の自然学校(飛騨高山)での宿泊 1泊2日+木工製作体験!】
※2015年7月以後での宿泊ご予約を承ります。

プラス「この世にひとつの、あなただけの椅子が手に入ります!」
※「森の自然学校」工房で、スピンドルチェアーを体験製作
※レッドオーク、または、欅材のどちらかをお選びいただき、 背のスピンドルは、色をチョイスできます。レッドオークと欅材を組み合わせた製作も可能です。

プラス
FAAVO愛知限定生産『森の音(ね)〜ことり〜』を進呈
配送について
宿泊に関しては、2015年7月以後でのご予約を承ります。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2015年10月中配送予定
終了しました