まちの未来は私がつくる。そんな時代がきています!【F×G】

シェアする

3/14更新のブログで、F×Gの大きな特徴のひとつは「地方自治体の顔が見えること」だとお話しました。

もうひとつの大きな特徴。それは「寄附金(ふるさと納税)の使途を具体的に明示している」ことです。

これまでのふるさと納税は、肉や魚など返礼の品物から気に入ったものを選ぶことがほとんどでした。
ゆえに、返礼品における自治体競争が激化したり、返礼品の転売というようなゆがみが起こり、ふるさと納税そのものがバッシングを受ける傾向にありますよね。

でも、ちょっと待ってください!!

ふるさと納税というのは本来、自分が生まれ育った故郷や好きな地域に寄附をして応援できる素敵な制度であるはずです。地域と繋がり続けるという想いや理念はFAAVOと同じです。

そこでF×Gでは、クラウドファンディングを介しまちの「取り組み」に対しての寄附を募っています。そのまちが集まった税金を何に使うのか、どんな未来を描いているのかをきちんと紹介しているため、まちのビジョンやミッションを理解した上で共感した事業に寄附ができます。

自治体は、力を入れたいまちの取り組みについて、寄附を募るプロジェクトページを作成します。※こちらは取材も含め、先着30地域までF×Gスタッフが完全無料で行います!
その取り組み(=まちの強み)を広くPRする機会にもなるので、まちおこしの起爆剤として使っていただければと思います!

ふるさと納税に共感性やストーリー性、地域の独自性を加えることでその地域のことをもっと知る、理解する、ファンになるー。
「都市部と地方の“心”のつながりこそ持続可能な地域づくりの鍵である」と私たちは考えています。

今までは、私たちが払っている税金がどういう予算でどういう政策に使われているかなんてさっぱり分からなかったですよね。でもF×Gでは、まちをよくするための事業に、自らの意志で寄附という形で関わることができます。

これからは、「誰もが関われて変えられるオープンな自治体」がどんどん増えてくるはずです。地域をつくる事業の意思決定にあなたも参加してみませんか?そして自治体の皆さま、地域を盛り上げる次の一手を、私たちにお手伝いさせてくださいませ!!

▼思いがとどく、ふるさと納税【F×G(エフバイジー)】

▼自治体さまのクラウドファンディングに関するお問合わせはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

F×Gのリンクです。ぜひご一読ください!

★思いがとどく、ふるさと納税【FxG(エフバイジー)】
https://fbyg.jp/

★はじめてのふるさと納税、使いみちがわかる自治体メディア【FxG Magazine】
https://fbyg.jp/magazine/

★自治体さまのクラウドファンディングに関するお問合わせはこちらから
https://fbyg.jp/government

★F×G Facebookページ(いいね!をお願いします!)
https://www.facebook.com/cffxg/?fref=ts

★F×G twitterアカウント(フォローお願いします!)
https://twitter.com/FxG_CF

F×G事業部 編集担当 ライター
出版社で書籍・雑誌・MOOK・学校教材等の企画編集、ライティング等に携わったのち独立。移住促進系雑誌や医療誌、復興業界誌などの執筆などを中心に活動中。2016年、greenz GOOD IDEA of the Year!!! 2016 BRONZE賞・BEST greenz people賞受賞、移住交流プロジェクト「ココロココ」読者数年間一位獲得
トップへ戻る