【インタビュー】ぶっちゃげクラウドファンディング使ってみてどうだった?佐藤さんの場合

シェアする

こんにちは、お久しぶりです!まっすーです!

さてさて、今回もFAAVOでプロジェクトを成立させた起案者の方へのインタビューをお届けします!!今回インタビューに答えてくれたのは、FAAVO宮崎、高千穂の日向地区で神楽を復活させるプロジェクトを起案した佐藤翔平さん!

プロジェクトはこちら
日向集落で「夜神楽」祭りを100年ぶりに再興させる!
佐藤さん記事内画像


プロジェクトを成功させた、佐藤翔平さんインタビュー

――本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

――神楽も無事成功させることができたということで、おめでとうございます!しかし、そもそもFAAVOに応募したきっかけはなんだったんですか?

きっかけは宮崎で行われたFAAVOの勉強会でした。当時、宮崎に知り合いの方など皆無で単身乗り込み勉強会に参加して――失礼な話当日までFAAVO様の存在自体しらなかったのですが――その時僕と同世代の人たちがFAAVOを通じて地域を盛り上げている姿や、他人任せじゃなく自分たちで宮崎を盛り上げようとしている姿を見て感動しました。

にわかに「僕もこんな風に宮崎を、高千穂を盛り上げれたらいいな」と思いながらお話を聞いていました。でも、こんな体のいいこと言ってるんですけどその日勉強会が終わっても正直、行動に移そうなんて考えていませんでしたね(笑)

話が始まるのが勉強会が終わった後の懇親会。その時、たまたま同じテーブルに『まちづくりGIFT』の代表の斎藤潤一さんが隣に座っていて、「佐藤君はなにかしたい事ないの?」と聞かれ、正直、クラウドファンディングで神楽の資金なんて集めれるはずないよな・・・とか思ってはいましたが、お酒の力もあり素直に思いをぶつけてみると「それ超おもいしろいじゃん!FAAVOで資金集めてやろう!応援するよ!」と言っていただいたのがきっかけですかね。そのあとは完全に勢いでした(笑)

そんな感じで僕のFAAVOでのクラウドファンディングはスタートしました。

――なるほど。そして実際にFAAVOでの掲載が決まったわけですが、プロジェクトを掲載するにあたって気をつけたことはありますか?

頑張ったことは期間中に飽きずに発信し続けることでしょうか。もちろん期間中に毎日アクション(支援)があるわけじゃないですし、中だるみしてる時もありましたが、コツコツ発信していろんな人の目に届くようにすることではないでしょうか。

――クラウドファンディングを今回はじめて利用して、実施して苦労したことはありますか?またそれ以上に良かったことなどはありますか?

プロジェクトを掲載してからは話が早かったのですが、私の勉強不足や行動力不足などあり、少々準備に時間がかかりました。

お返し品の設定、掲載する文章、思いを伝えるって難しいなーとか思いながら。ですので、そういう時は迷わずFAAVOのスタッフの方に相談ですね!私も大変お世話になりました。

しかし、掲載後は反響も大きくFacebookからの応援メッセージ、町内でも「ネット見たよ、頑張ってね!」など、温かいお言葉を頂きその応援のおかげでプロジェクト達成できました。

くじけそうなときはプロジェクトページの応援メッセージを見る!これに限ります!
活動に賛同してくださった方や応援してくださった方との縁も大切にしたいですね

――今回のFAAVOでのプロジェクトからの継続的な展開などは考えていますか?

今回、私の地域での高千穂夜神楽復活を掲げプロジェクトを掲げましたが道半ばでありますのでもっと地域の人達と盛り上げていつかは目標である夜神楽再興まで辿り着きたいですね!持続可能な地域社会の構築を神楽を通じて何かできればと思っています。

――では最後に、今後のFAAAVOへ一言下さい!

言わずもがな全国47都道府県にFAAVOが出来ればもっと地域社会が変わるのは間違いないです。お役所の補助金ではなく、これからはFAAVOで資金を集める!このスタンスがもっと広まればいいなと思います。

それにFAAVOは地域と都会が繋がる場所でもあるなと思っていて、そういう側面をもつFAAVOが今よりもメジャーになることを願っています!

――激励ありがとうございます!本日はありがとうございました!


インタビューを終えて

プロジェクト掲載のきっかけがとても興味深いですね。FAAVOのクラウドファンディング勉強会、そしてその後の懇親会での発言。そこから、佐藤さんは普段なんとなく思っていたことを実現するための行動に移っていきます。

みなさんもなんとなく、「社会がこうなったらなぁ」とか「地域がこうなったらなぁ」と社会を変える小さなアイデアを持っていますよね。でも、そんな妄想に割いている時間もないし、賛同されないのは怖いし、自分にはできないから言わないでおこう、などなど、自分の中にしまったままにしてしまうことって多いですよね。

クラウドファンディングはまさに、そうしたみなさんのアイディアを金銭面でお手伝いすることで、実現していく仕組みです!

ということで、みなさんのそのアイディア、FAAVOスタッフにきかせて下さい。これまで頭の中でしか描けなかったものを実現しましょう!FAAVOは全力で応援します!ぜひ、スタッフにお話を聴かせて下さい!

相談してみる→https://faavo.jp/contact

そしてさらに!地域のそうしたアイデアを拾い上げていくには、地域密着でのコーディネーターが必要です。只今FAAVOでは各エリアのFAAVOを運営していただける団体様を募集しています!

FAAVO本社スタッフが届かないところ、そして、かゆいところに手が届く、そんな地元の団体様を募集しています!オーナー制度については詳しくはこちらの特設ページをご覧ください!このページではFAAVOスタッフもミニブログも更新中です!FAAVOスタッフの雰囲気を感じて頂ければ!

FAAVOを運営してみる→http://local-crowdfunding.jp/


次回予告

次回は、今回インタビューを受けてくれた佐藤さんの神楽当日のレポートをお送りする予定です!お楽しみに!


トップへ戻る