全国初の「地元法人との共同オーナー制度」を採用した『FAAVO京都』がオープン!これで展開県は9府県に!(あと38都道府県!)

シェアする

 

『FAAVO京都』がオープン!

2013年7月31日に地域×クラウドファンディング「FAAVO」の京都版となる『FAAVO京都』が追加され、これで展開県は9府県になりました!

地元応援クラウドファンディング - FAAVO 京都-1
 
地元応援クラウドファンディング FAAVO京都
https://faavo.jp/kyoto/

現在は4つのプロジェクトがファンディング中です!
 
 

全国初の「地元法人との共同オーナー制度」を採用!

今回は、全国初の試みとなる、「地元法人との共同オーナー制度」を採用しました。

いままでも「パートナー」という制度で、地元の企業・NPOさんに、プロジェクトオーナーのサポートをお手伝いして頂く制度はありました。

パートナーの例:FAAVO石川パートナーの「株式会社御祓川」さん

▼ 御祓川さんにお手伝い頂いたFAAVOのプロジェクト
パートナー - FAAVO 石川-1

「共同オーナー制度」は、その「パートナー制度」よりも、よりガッチリと手を組んで地元を盛り上げていく為の制度です。

各県のFAAVOの運営費用をFAAVOと地元法人の両社で負担し、プロジェクトオーナーのサポートはもちろん、各県のFAAVOのプラットフォーム自体の運営、SNSアカウントの運営なども共同で行なっていきます。

東京にオフィスを構えるFAAVOだけでは実現できなかった、隠れたプロジェクトの発掘や、よりきめ細かなサポートが全国のFAAVOで可能になります。

下記は、この取組に関するプレスリリースの転載です。詳細はこちらでご確認ください!

また、FAAVO未展開の38都道府県では、地元のFAAVOを一緒に立ち上げ・運営してくださる共同オーナーを募集しています!ご興味があるかたは、下記のページよりぜひ一度お問合せください!

地元法人との共同オーナー制度に関して
https://faavo.jp/commission

プレスリリース

地域×クラウドファンディングFAAVO(ファーボ) 全国初の【地元法人との共同オーナー制度】を採用した 『FAAVO京都』をリリース!

株式会社サーチフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林琢磨、以下サーチフィールド)は、一般社団法人京都こころざし倶楽部(所在地:京都府京都市、代表理事:當座敏光、以下京都こころざし倶楽部)と事業提携し、2013年7月31日より、地元応援クラウドファンディングサービス『FAAVO(ファーボ)』の京都版となる『FAAVO京都』を、全国初の事例となる【地元法人との共同オーナー制度】を採用しリリースいたしました。

FAAVO京都: https://faavo.jp/kyoto/

■FAAVOとは?
ユーザーがお気に入りの街の“地域を盛り上げるプロジェクト”を、遠くにいながら支援/応援できるウェブ参加型の新しい地域貢献プラットフォームです。県内外で行なわれる“地域を盛り上げるプロジェクト”をFAAVOに投稿すると、共感した全国の同郷の人やその県に思い入れのある人たちなどが輪を広げ、さらにはプロジェクトを実現する支援金を広くから募ることができます。今回リリースした京都府を含め、現在全9都道府県(※)で展開しています。
※全9都道府県・・・宮崎県、新潟県、埼玉県、熊本県、石川県、鹿児島県、長野県、山口県、京都府

■地元法人との共同オーナー制度について
FAAVO京都はFAAVOの一周年記念イベント及び一周年記念ページで発表した【地元法人との共同オーナー制度】を採用した、全国初の事例になります。

「地元法人との共同オーナー制度」の目的は「47都道府県への展開」と「各県のFAAVOの運営力強化」です。各都道府県の地元法人と、各県のFAAVOを共同で立ち上げ、共同で運営します。運営費用等は両者で負担し、主にWebサイトやシステム面、FAAVO全体の広報をサーチフィールドが担当します。地元でのプロジェクトの発掘、起案者(プロジェクトオーナー)とのやり取りや、イベントの開催等を、地元法人が担当していきます。
そうすることにより、東京にオフィスを構えるサーチフィールドだけでは実現できなかった、隠れたプロジェクトの発掘や、よりきめ細かなサポートが全国のFAAVOで可能になります。

FAAVOは2013年〜2014年にかけて、「地元法人との共同オーナー制度」を積極的に推進し、全国47都道府県でのエリア展開を見込んでいます。

地元法人との共同オーナー制度に関して: https://faavo.jp/commission
FAAVO一周年記念ページ: https://faavo.jp/1st_anniv

■『FAAVO京都』 プロジェクト例
・プロジェクト1
【greenbird】ライトアップお掃除で、夜の鴨川を散歩エリアに!
(NPO法人greenbird京みやこチームによる鴨川沿いのおそうじプロジェクト)

・プロジェクト2
「猟師の学校」を開いて、京都の農村雇用を救いたい!
(猟師を育てる学校をつくることで、若者がUターンして仕事を得られる場所をつくるというプロジェクト)

・プロジェクト3
【愛情たっぷり!】京北町から施設の皆がつくった美味しいぶどうを届けたい!
(京都の京北という地域にある、障害者を雇用するぶどう園のぶどうの出荷を支援するプロジェクト)

・プロジェクト4
闘う芸祭!京都芸大エボリジナル・パッション・ショーを応援して下さい!
(京都市立芸術大学の芸大祭を支援するプロジェクト)

■今後のFAAVOの活動について
引き続き、地元からFAAVOを一緒に盛り上げてくれる共同オーナーを募集します。各都道府県につき一つの団体と提携して行く予定で、全国展開を加速させていきます。
※データ リリース本文 http://www.searchfield.jp/pr/faavo/press_20130730.pdf

 
 

最後に

2年目のFAAVOは、47都道府県での展開を目指しつつ、1県1県の運営力を強化し規模を大きくしていきます。

FAAVO京都のオープンにより、FAAVOの展開県が9府県になりました。
日本全国にFAAVOができるまで、残すところあと38都道府県!

また、FAAVO未展開の38都道府県では、地元のFAAVOを一緒に立ち上げ・運営してくださる共同オーナーを募集しています!ご興味があるかたは、下記のページよりぜひ一度お問合せください!

地元法人との共同オーナー制度に関して
https://faavo.jp/commission

FAAVOは、地域にもクラウドファンディングという新たな仕組みを根付かせ、
全国の「地域を盛り上げるプロジェクト」をバックアップし、日本全国の地域活性化を図っていきます。

まだまだ先は長いですが、地元大好き!地域大好き!な皆さま、
引き続き「FAAVO」並びに「FAAVO Magazine」を宜しくお願いいたします。

トップへ戻る