【早めのご準備が大切です】スポーツの秋に向けて!スポーツのプロジェクト成功事例をご紹介!

シェアする

FAAVOERのみなさんこんにちは!浦和市出身、マンガとハロプロが大好き!FAAVOの遠藤です!FAAVO公式Twitter(@FAAVO_OFFICIAL)の中の人をやっています。6月末までに、目指せフォロワー5000人!フォローよろしくお願いします!(現在4600越えました!)

さてさて、「FAAVOの今のトレンドとか強みって何?」と聞かれることが非常に多いんですが、ここ最近は必ずこう答えるようにしています。「スポーツ関連のプロジェクトです」と!

プロジェクトを行う際は実は季節がすごく大切!例えば今の夏のシーズンですと「お祭りや音楽フェス」のプロジェクトが盛り上がっているんです!ではスポーツのプロジェクトが盛り上がるのはいつ?と言うとやはり「スポーツの秋」ではないでしょうか。

プロジェクトの準備にかかる時間の考え方

では実際にスポーツのプロジェクトをやりたい!となった際に、いつから準備をはじめればいいでしょうか。

FAAVOのプロジェクト期間は最長で80日で設定が可能、平均的には30〜45日程度のプロジェクトが多いです(期間が長い=支援が沢山集まる、ではないのでご注意を!)。そして、プロジェクトの問い合わせやお申込みを頂いてから公開までの平均的な期間が1〜2ヶ月程度。

つまり、今から問い合わせや準備を行えば、ちょうどスポーツの秋に重なる10〜11月辺りに、プロジェクトを進行することが出来るんです!

ただし!これはあくまで目安です。事前準備次第では数日で公開出来ることもあれば数ヶ月かかるケースもあります。

スポーツプロジェクトの成功事例をご紹介!

では実際に今までどんなプロジェクトが行われて来たのか、どんなプロジェクトが行えるのか、具体的な事例をいくつか紹介させて頂きます!


没後24年炎のストッパー・津田恒美の記念館を作りたい‼

広島東洋カープで「炎のストッパー」として知られた津田恒美投手の記録を、『津田恒美記念館』として残すプロジェクトです。カープファン漫画家たちとのコラボレーションで記念館をファンや地域の人との交流の場に、広島県と地元の山口県の活性化につなげます!

公開初日の6/19で目標金額である400万円を達成、2日目6/20にはプロジェクトの記事がヤフートピックスにも掲載され、同日深夜に支援総額1000万円の大台を越えました。このブログを執筆している6/21時点では、公開48時間を待たずして支援総額1200万円、達成率300%を越えています!

プロジェクト終了は8/30!お見逃しなく!

その他にも成功事例が多数!


ファン・サポーターとともにつくる、清水エスパルス25周年記念誌

Jリーグ開幕時の10クラブのひとつである清水エスパルスが、今年、クラブ創設25周年を迎えました。クラブの四半世紀を振り返る記念誌を、静岡新聞社と協力し、当時の新聞記事を活用して、ファン・サポーターとともにつくるプロジェクトです。


宮崎の子どもたちに夢を!宮崎初のJリーグを誕生させて地域を盛り上げたい!

宮崎県は2014年初頭まで、Jリーグチームが存在しない県、もっと言うと目指すチームさえ存在しない「全国で唯一の空白県」でした。その状況を嘆いた多方面の方々から、Jリーグチームを作って欲しいとの要望を受け、2014年3月にJ.FC MIYAZAKIが発足。29年度シーズン公式ユニフォームの袖に皆様の思いを載せ、一緒に応援し、戦い、宮崎にJリーグを誕生させるためのプロジェクトです。


国内最高峰の舞台へ!女子ハンドボールBlackBulls応援プロジェクト

チームの目標であるプレーオフ出場を叶えるため、ケア用品の購入資金を募るプロジェクト。このプロジェクトを通じ、チームの競技力向上とともに、飛騨・高山を拠点に活動する女性アスリートチームであるブルズのPR活動を行います。


バスケットボールで子どもたちに夢と未来を!バスケで八王子を盛り上げる!

東京八王子トレインズは東京都八王子市を拠点にして活動している八王子初のプロバスケットボールチームです。「子ども達に夢と未来を」をスローガンに掲げ、八王子市内で精力的に活動しており、バスケットボールで八王子を盛り上げます。

FAAVO×スポーツ=相性バツグン!

皆さん、いかがでしたでしょうか?今回紹介した事例はほんの一部!まだまだ他にもスポーツ関連のプロジェクトの実績は多数あります。

ところで、よく「どこのプラットフォームに掲載するべきか?」という質問を頂くのですが、回答としては「プロジェクトとの相性がよいプラットフォームに載せるべき!」と答えています。

クラウドファンディングはアクセス数の多いプラットフォームや、大型プロジェクトが多数成功しているプロジェクトに載せれば支援が集まる、というものではありません。逆に、どんなにポテンシャルのあるプロジェクトでも、FAAVOとの親和性がそこまで高くなさそうなプロジェクトというのも存在します。

その点、上記の事例をご覧になって頂ければ感じて頂けたと思いますが、スポーツチームや選手は地域に根ざした活動をされている方が非常に多い!つまり、

地域を盛り上げるプロジェクトや事例も多いFAAVOは、スポーツのプロジェクトの相性が非常にいいんです!スポーツの秋に向けて、今から全国のお問い合わせ、お待ちしております!

★プロジェクトを始めたい!等のお問い合わせ
https://faavo.jp/contact

FAAVOは”まちから生まれるおもいをつなげる”という思いでサービスを運営させて頂いております。ブログやその他SNSも毎日更新していますので、地域の面白いプロジェクト情報を、是非ご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★地域×クラウドファンディングFAAVO
https://faavo.jp/

★全国からプロジェクト情報が集まる公式Facebookページ
https://www.facebook.com/FAAVO.Official/

★6月末までに目指せフォロワー5000人!公式Twitter
https://twitter.com/faavo_official

★宮崎WAKAKUSA Office公式instagram
https://www.instagram.com/faavo_wakakusa/

株式会社CAMPFIRE🔥FAAVO・CAMPFIREローカル事業部キュレーター/マンガサロン『トリガー』立ち上げ/マンガ×クラウドファンディング『トリガー』立ち上げ/アプリ『マンガトリガー』業務委託/『マンガ新聞』レビュアー/アイコンはうめ先生作/Twitterはこちら→@PAGSSIORIO
トップへ戻る