【永久保存版】当たり前だけど誰もおしえてくれない!クラウドファンディングで成功するための秘訣

シェアする

こんにちは!浦和市出身、マンガとハロプロが大好き!FAAVOの遠藤です!
FAAVO公式Twitter(@FAAVO_OFFICIAL)の中の人をやっています。6月末までに、目指せフォロワー5000人!フォローよろしくお願いします!(現在4500越えました!)

さてさて、これを読んでいるFAAVOERの皆さんは「クラウドファンディングに興味がある!」「今から挑戦してみようかな〜!って思ってる!」そういう方が多いと思います。FAAVOにも日々プロジェクトのエントリーがあるのですが、エントリー頂いた方にぼくたちが必ず一番はじめに伝えている、クラウドファンディングで成功する上で外せない大切なことがあります。

それは「心構え」です。

ノウハウやテクニック、仕組みを伝えることはいくらでも出来ます。ですが、この「心構え」を外してしまうと、成功は絶対に望めません。

そこで今回は!FAAVOのマネージャー直伝の「心構え」をここで特別に公開したいと思います!是非ご一読頂き、参考にしてみて下さいね!

原則1 自分の実現したいアイデアを信じてやり抜く覚悟を持つ

よく、どこのプラットフォームがいいのかと聞かれる方が多いですが、どのサービスで実行するかよりも、自分たちがどんなプロジェクトをどれだけ本気でやるのかが非常に重要です。
モノが売れない時代、大企業が数億数千万の宣伝広告費をつぎ込んでも「モノが売れない時代」に、一個人に対して人がお金を出すということは大変なことです。
日頃自分たちのことをよく知っている人がお金をださないものに、どうして人はお金を出すのかを支援者目線から検証して進めましょう。

原則2 クラウドファンディングは「お金を集める」ための手段である

掲載するだけで決してお金が「集まる」ことは決してありません。自分のやりたいことは自分でやる、自分で語るというところを他に委ねてはいけません。
クラウドファンディングは必ずしも「クラウド」が支援者を連れてくるのではなく、本来であれば1000人に対面でお願いするところを、地理的な障害がなく、インターネットを経由してお願いできることが大きな特長です。他人は、起案者が自分のことなのに他人事だという雰囲気をあなたが思う以上に敏感に察知します。したがって、支援者を動かすのは起案者であるあなたです。

原則3 仕組みを正しく理解する

購入型クラウドファンディングは「寄付」や「投資(出資)」ではありません。
購入型CFは、起案者と支援者の間で売買契約をすることです。例えるなら、期間限定で限定品だけを並べたECショップを立ち上げるのと同じです。必ずモノ・サービス等の対価が必要です。
流言飛語に惑わされず、自らがやろうとしていること正しく理解しないところに支援は生まれません。

これがクラウドファンディングの向き合い方の三大原則だ!

皆さん、いかがでしたでしょうか?ハッとさせられた方、耳が痛い方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね!

FAAVOにエントリーして下さったチャレンジャーの方々はまずはじめにこの心構えをお伝えした上で、個性的なメンバー達が各々のスキルと経験を活かし、全力でバックアップさせて頂きます!

という訳で、全国のみなさんからのプロジェクトの起案、お待ちしております!

FAAVOは”まちから生まれるおもいをつなげる”という思いでサービスを運営させて頂いております。ブログやその他SNSも毎日更新していますので、地域の面白いプロジェクト情報を、是非ご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★地域×クラウドファンディングFAAVO
https://faavo.jp/

★全国からプロジェクト情報が集まる公式Facebookページ
https://www.facebook.com/FAAVO.Official/

★6月末までに目指せフォロワー5000人!公式Twitter
https://twitter.com/faavo_official

★宮崎WAKAKUSA Office公式instagram
https://www.instagram.com/faavo_wakakusa/

★プロジェクトを始めたい!等のお問い合わせ
https://faavo.jp/contact

浦和市出身。まち×クラウドファンディング「FAAVO」公式Twitter中の人と、マンガ×クラウドファンディング『トリガー』のキュレーターをしています。マンガとハロプロが大好き。趣味のことなどつぶやいている個人Twitterもフォローよろしくお願いします。@PAGSSIORIO
トップへ戻る